ユーロ2020予選プレーオフ決勝が12日に各地で行われた。

グループA決勝のハンガリー代表vsアイスランド代表は2-1でハンガリーが勝利した。この結果、ハンガリーが2大会連続4度目のユーロ本大会出場を決めた

試合は立ち上がりの11分に動く。ボックス右手前で獲得したFKをシグルドソンが直接狙うと、GKグラーチのファンブルしたボールがそのままゴールに吸い込まれた。

先制を許したハンガリーは22分、ショボスライの右CKをややニア気味に走り込んだオルバンが頭で合わせたが、これはGKハルドルソンが正面でセーブ。さらに41分には、ボックス左手前で獲得したFKからショボスライが直接ゴールを狙ったが、これはわずかに枠の上に外れた。

後半はハンガリーが圧倒的にボールを支配するものの、堅い守りを見せるアイスランド相手になかなか攻め切ることができず、試合は終盤に突入する。

それでも、諦めずに攻め続けるハンガリーは88分、右クロスをボックス中央で収めたニコリッチがボックス右のスペースへラストパスを供給。これが相手DFのクリアミスを誘うと、走り込んだネゴがゴールに流し込み、土壇場で試合を振り出しに戻した。

このまま延長戦かと思われたが、アディショナルタイムにドラマが待っていた。92分、左サイドからダイアゴナルドリブルで切り込んだショボスライがボックス手前からミドルシュート。これが右ポストの内側を叩きながらもそのままネットに吸い込まれた。

そのまま劇的逆転勝利を飾ったハンガリーが、アイスランドを下して4度目の本大会へ駒を進めた。

また、グループB決勝の北アイルランド代表vsスロバキア代表は延長戦の末に1-1でスロバキアが勝利した。この結果、スロバキアが2大会連続2度目の本大会出場を決めた。

試合が動いたのは17分、中盤のサビルがヘディングで戻したバックパスがわずかにズレると、これに反応したクツカがボールを奪取。そのままボックス内まで持ち上がり、シュートを流し込んだ。

先制を許した北アイルランドは21分、右サイドをドリブルで持ち上がったマッギンが早いタイミングでクロスを上げると、これが直接ゴールを脅かしたがボールはGKロダークが弾き出した。

後半は立ち上がりから一進一退の攻防が続いたが、試合終盤にスコアが動く。88分、右サイドを突破したマクネアがボックス右深くまで侵入し折り返しを供給。これがシュクリニアルのオウンゴールを誘った。

土壇場の失点で延長戦に持ち込まれたスロバキアは、延長後半に勝ち越しに成功する。110分、クツカのロングスルーパスが相手DFに当たると、こぼれ球を拾ったジュリシュがボックス中央右まで持ち上がりシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。

結局、これが決勝点となりスロバキアが2-1で北アイルランドを下し、2大会連続の本大会へ駒を進めた。