12日、ユーロ2020の予選プレーオフが行われ、出場24カ国が決定した。

本来であれば今年開催され、すでに大会も終了しているはずのユーロ2020。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて各国のリーグ戦が中断。その結果、1年延期が決定していた。


すでに予選は終了しており、プレーオフを残すのみとなっていたが、12日に4試合が開催。その結果、ハンガリー代表、スロバキア代表、スコットランド代表、北マケドニア代表が出場権を掴んだ。

なお、2019年11月にすでに組み合わせ抽選会も終えており、2大会連続出場となるハンガリーはグループFに入り、前回王者のポルトガル代表、2018年のロシアW杯王者のフランス代表、そしてドイツ代表と同居する氏のグループに入った。

また、同じく2大会連続出場のスロバキアは、グループEに入り、スペイン代表、スウェーデン代表、ポーランド代表と同居。セルビア代表とのPOをPK戦の末に勝ち切ったスコットランド代表は、1996年以来7大会ぶり出場。グループDでイングランド代表、クロアチア代表、チェコ代表と同居する。

そして2019年に国名を変更した北マケドニア代表は初のユーロ出場に。グループCに入り、オランダ代表、ウクライナ代表、オーストリア代表と同居することとなった。

ユーロ2020は、2021年6月11日から7月11日までの1カ月にわたり、当初の計画通り12都市での分散開催で予定されている。

◆ユーロ2020組み合わせ
グループA:トルコ、イタリア、ウェールズ、スイス
グループB:デンマーク、フィンランド、ベルギー、ロシア
グループC:オランダ、ウクライナ、オーストリア、北マケドニア
グループD:イングランド、クロアチア、スコットランド、チェコ
グループE:スペイン、スウェーデン、ポーランド、スロバキア
グループF:ハンガリー、ポルトガル、フランス、ドイツ

◆グループ別出場国データ
【グループA】
開催地:ローマ(イタリア)、バクー(アゼルバイジャン)

トルコ代表/出場回数:2大会連続5回目
予選成績(グループH・2位):7勝2分け1敗
予選得点王:5ゴール/FWジェンク・トスン
最高成績:準優勝(2008)
前回大会:グループステージ敗退

イタリア代表/出場回数:7大会連続9回目
予選成績(グループJ・1位):10勝
予選得点王:5ゴール/FWアンドレア・ベロッティ
最高成績:優勝(1968)
前回大会:ベスト8(ドイツ代表にPK戦6-5で敗戦)

ウェールズ代表/出場回数:2大会連続2回目
予選成績(グループE・2位):4勝2分け2敗
予選得点王:2ゴール/FWガレス・ベイル、MFキーファー・ムーア、MFアーロン・ラムジー
最高成績:ベスト4(2016)
前回大会:ベスト4(ポルトガル代表に2-0で敗戦)

スイス代表/出場回数:2大会連続5回目
予選成績(グループD・1位):5勝2分け1敗
予選得点王:3ゴール/FWセドリック・イッテン
最高成績:ベスト16(2016)
前回大会:ベスト16(ポーランド代表にPK戦5-4で敗戦)

【グループB】
開催地:サンクトペテルブルク(ロシア)、コペンハーゲン(デンマーク)

デンマーク代表/出場回数:2大会ぶり9回目
予選成績(グループD・2位):4勝4分け
予選得点王:5ゴール/MFクリスティアン・エリクセン
最高成績:優勝(1992)
前回大会:予選敗退

フィンランド代表/出場回数:初出場
予選成績(グループJ・2位):6勝4敗
予選得点王:10ゴール/FWテーム・プッキ
最高成績:出場なし
前回大会:予選敗退

ベルギー代表/出場回数:2大会連続6回目
予選成績(グループI・1位):10勝
予選得点王:7ゴール/FWロメル・ルカク
最高成績:準優勝(1980)
前回大会:ベスト8(ウェールズ代表に3-1で敗戦)

ロシア代表/出場回数:3大会連続6回目
予選成績(グループI・2位):8勝2敗
予選得点王:9ゴール/FWアルテム・ジューバ
最高成績:優勝(1960)※ソ連時代/ロシアとしてはベスト4(2008)
前回大会:グループステージ敗退

【グループC】
開催地:アムステルダム(オランダ)、ブカレスト(ルーマニア)

オランダ代表/出場回数:2大会ぶり10回目
予選成績(グループC・2位):6勝1分け1敗
予選得点王:8ゴール/MFジョルジェニオ・ワイナルドゥム
最高成績:優勝(1988)
前回大会:予選敗退

ウクライナ代表/出場回数:3大会連続3回目
予選成績(グループB・1位):6勝2分け
予選得点王:4ゴール/FWロマン・ヤレムチュク
最高成績:グループステージ
前回大会:グループステージ敗退

オーストリア代表/出場回数:2大会連続3回目
予選成績(グループG・2位):6勝1分け3敗
予選得点王:6ゴール/FWマルコ・アルナウトビッチ
最高成績:グループステージ
前回大会:グループステージ敗退

北マケドニア代表/出場回数:初出場
予選成績(グループG・3位):4勝2分け4敗
予選得点王:4ゴール/MFエリフ・エルマス
プレーオフ:コソボ代表(2-1)、ジョージア代表(1-0)
最高成績:出場なし
前回大会:予選敗退

【グループD】
開催地:ロンドン(イングランド)、グラスゴー(スコットランド)

イングランド代表/出場回数:3大会連続10回目
予選成績(グループA・1位):7勝1敗
予選得点王:12ゴール/FWハリー・ケイン
最高成績:3位(1968)
前回大会:ベスト16(アイスランド代表に2-1で敗戦)

クロアチア代表/出場回数:5大会連続6回目
予選成績(グループE・1位):5勝2分け1敗
予選得点王:4ゴール/FWブルーノ・ペトコビッチ
最高成績:ベスト8(1996、2008)
前回大会:ベスト16(ポルトガル代表に1-0で敗戦)

スコットランド代表/出場回数:6大会連続3回目
予選成績(グループI・3位):5勝5敗
予選得点王:7ゴール/FWジョン・マッギン
プレーオフ:イスラエル代表(0-0、PK5-3)、セルビア代表(1-1、PK5-4)
最高成績:グループステージ敗退
前回大会:予選敗退

チェコ代表/出場回数:7大会連続10回目
予選成績(グループA・2位):5勝3敗
予選得点王:4ゴール/FWパトリック・シック
最高成績:優勝(1976)※チェコスロバキア時代/チェコとしてはベスト4(2004)
前回大会:グループステージ敗退

【グループE】
開催地:ビルバオ(スペイン)、ダブリン(アイルランド)

スペイン代表/出場回数:7大会連続11回目
予選成績(グループF・1位):8勝2分け
予選得点王:4ゴール/FWアルバロ・モラタ、DFセルヒオ・ラモス、FWロドリゴ・モレノ
最高成績:優勝(1964、2008、2012)
前回大会:ベスト16(イタリア代表に2-0で敗戦)

スウェーデン代表/出場回数:6大会連続7回目
予選成績(グループF・2位):6勝3分け1敗
予選得点王:5ゴール/FWロビン・クアイソン
最高成績:ベスト4(1992)
前回大会:グループステージ敗退

ポーランド代表/出場回数:4大会連続4回目
予選成績(グループG・1位):8勝1分け1敗
予選得点王:6ゴール/FWロベルト・レヴァンドフスキ
最高成績:ベスト8(2016)
前回大会:ベスト8(ポルトガル代表に1-1、PK戦5-3で敗戦)

スロバキア代表/出場回数:2大会連続2回目
予選得点王:3ゴール/FWロベルト・ボジェニク、FWマレク・ハムシク、MFユライ・クツカ
予選成績(グループE・3位):4勝1分け3敗
プレーオフ:アイルランド代表(0-0、PK4-2)、北アイルランド代表(延長2-1)
最高成績:ベスト16(2016)
前回大会:ベスト16(ドイツ代表に3-0で敗戦)

【グループF】
開催地:ミュンヘン(ドイツ)、ブダペスト(ハンガリー)

ハンガリー代表/出場回数:2大会連続4回目
予選成績(グループE・4位):4勝4敗
予選得点王:3ゴール/DFヴィリー・オルバン
プレーオフ:ブルガリア代表(3-1)、アイスランド代表(2-1)
最高成績:3位(1964)
前回大会:ベスト16(ベルギー代表に4-0で敗戦)

ポルトガル代表/出場回数:7大会連続8回目
予選成績(グループB・2位):5勝2分け1敗
予選得点王:11ゴール/FWクリスティアーノ・ロナウド
最高成績:優勝(2016)
前回大会:優勝

フランス代表/出場回数:8大会連続10回目
予選成績(グループH・1位):8勝1分け1敗
予選得点王:6ゴール/FWオリヴィエ・ジルー
最高成績:優勝(1984、2000)
前回大会:準優勝(ポルトガル代表に1-0で敗戦)

ドイツ代表/出場回数:13大会連続13回目
予選成績(グループC・1位):7勝1敗
予選得点王:8ゴール/FWセルジュ・ニャブリ
最高成績:優勝(1972、1980、1996)
前回大会:ベスト4(フランス代表に2-0で敗戦)