クロアチアサッカー連盟は13日、同国代表活動に参加中のインテルに所属するMFマルセロ・ブロゾビッチの新型コロナウイルス感染を発表した。

14日にソルナで予定するスウェーデン代表とのUEFAネーションズリーグに先駆け、追加検査を実施したところ、ブロゾビッチとチームスタッフ1名の陽性反応を確認。両者はただちに隔離措置に入ったという。

クロアチア代表では先日、ベシクタシュに所属するDFドマゴイ・ヴィダの陽性反応を確認。後日に再び検査を実施する意向を示していた。

ブロゾビッチは所属先のインテルにとっても不可欠な中盤の要。今季のセリエA開幕から全7試合に出場するなど、ここまで公式戦10試合でプレーしている。