【明治安田生命J1リーグ第27節】
2020年11月14日(土)
17:00キックオフ
鹿島アントラーズ(6位/48pt) vs 川崎フロンターレ(1位/68pt)
[県立カシマサッカースタジアム]

◆久々の川崎F戦勝利へ【鹿島アントラーズ】

前節はアウェイでの横浜F・マリノス戦で2点ビハインドからの逆転勝利を収め、連敗を免れた。

立ち上がりの不安定さを露呈したものの、攻撃陣がしっかりと奮起。チーム力も付いてきたことを示す一戦となった。

そこから中10日。今季YBCルヴァンカップでも対戦した両者だが、鹿島は2敗を喫し、どちらも内容で圧倒されている。当時とはチームの状況も異なり、鹿島もスタイルが浸透しつつある中での3度目の対戦では、しっかりと成長している姿を見せたいところだ。

しかし、鹿島はここ2シーズン川崎F相手に2分け4敗と勝利なし。さらに通算成績も9勝7分17敗と大きく負け越している相手。リーグ優勝決定に近づかせないためにも、久々に勝利したいところだ。

なお、試合当日になり鹿島の選手に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染疑いのあり、試合開催が不透明な状況となっていいる。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:沖悠哉
DF:小泉慶、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也
MF:ファン・アラーノ、三竿健斗、レオ・シルバ、エヴェラウド
FW:土居聖真、上田綺世
監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ

◆休養十分、仕切り直しの一戦【川崎フロンターレ】

前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎え、0-2で完敗。連勝も「12」でストップし、いかに勝ち続けることが難しいかがわかった試合となった。

札幌戦では、アンカーに入った守田英正がターゲットにされ、ボールが入ったらすぐにプレスをかけられる状況。試合を組み立てることができず、インサイドハーフの選手もボールを引き出せなかったため、攻撃が機能不全に陥ってしまった。

相手の攻撃もGKチョン・ソンリョンの好守でなんとか防いでいたが、選手交代で徐々に盛り返し始めた後半に連続失点。札幌の術中にハマり、対札幌初黒星を喫してしまった。

そこから中10日。連戦が続いたシーズンにおいて、久々の時間が取れたはず。気を緩めることなくコンディションを整えることができたはずだ。

今節の優勝決定はなくなったが、すでに手がかかっている状況。相性の良い鹿島にしっかり勝利し、ホームでの戴冠に繋げたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:チョン・ソンリョン
DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平
MF:田中碧、守田英正、脇坂泰斗
FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫
監督:鬼木達