明治安田生命J1リーグ第27節、横浜F・マリノスvs浦和レッズが14日に日産スタジアムで行われ、6-2で横浜FMが圧勝した。

3連敗中の横浜FMは0-1で敗れた前節の湘南ベルマーレ戦から9名変更の大幅ターンオーバー。GKオビ・パウエル・オビンナがデビュー戦となり、古巣戦のオナイウがトップ下に配置された。一方、6戦無敗の浦和は1-1の引き分けに終わったサンフレッチェ広島と同様のスタメンを送り出した。

早くも今季ホーム最終戦となった横浜FMが一方的に試合を進めていく。まずは2分、右サイドから供給された水沼のパスを敵陣中央で収めたジュニオール・サントスが細かいステップから岩波を振り切ると、ボックス右から右足シュートを決めて幸先良く先制に成功した。

9分に自陣でのミスから古巣戦のマルティノスにクロスバー直撃のシュートを浴びた横浜FMだったが、その直後の10分、敵陣右サイド中央でボールを受けた水沼がアーリークロス。ファーサイドに走り込んだ前田がダイビングヘッドで合わせて、追加点を手にした。

横浜FMはさらに14分、實藤の縦パスをフリックしたジュニオール・サントスから真横でボールを収めたオナイウが相手の背後にスルーパス。ボックス右に抜け出した小池がゴール右に右足シュートを蹴り込んだ。

横浜FMが畳みかけた立ち上がりを経て、半ばからは浦和がボールを保持する展開に。そのなかで浦和は31分、マルティノスが送った裏へのパスは繋がらなかったものの、GKオビ・パウエル・オビンナがクリアしたボールがDF伊藤に当たり、跳ね返ったボールがゴールに吸い込まれてラッキーな形で1点を返す。

自滅のような形で失点をしてしまった横浜FMだが37分、ハーフライン付近からオナイウが右サイドに展開すると、水沼がボックス右から折り返す。ボックス中央のジュニオール・サントスが粘ってボールを収めてから右足シュート。GK西川の手を掠めて、決定的な4点目を奪った。

後半も前半同様にオープンな展開に。浦和は54分にマルティノスのパスに反応した長澤がボックス右からクロス。9年連続の2桁ゴールに王手が懸かる興梠に決定機が巡ってくるも、フリーで放った左足シュートは枠を捉えられない。

その後も横浜FMが浦和を圧倒していく。67分にボックス右でボールを受けた水沼がオナイウとのワンツーから左足シュートをゴール左に決めて5点目。90分にマルティノスに恩返し弾を許したものの、その直後にジュニオール・サントスが個人技からハットトリックとなるチーム6点目を奪取。

ホーム最終戦の横浜FMがアタッキングフットボールの真髄を見せつけて今季最多の6ゴールで浦和に完勝。一方、守備が崩壊した浦和は7試合ぶりの黒星となっている。

横浜F・マリノス 6-2 浦和レッズ
【横浜FM】
ジュニオール・サントス(前2,前37,後46)
前田大然(前10)
小池龍太(前14)
水沼宏太(後22)
【浦和】
OG(前31)
マルティノス(後45)