フランス代表のディディエ・デシャン監督がUEFAネーションズリーグ(UNL)4強入りに喜びの心境を語った。フランス『レキップ』が報じている。

フランスは14日に行われたUNL2020-21・リーグA・グループ3第5節で前回覇者のポルトガル代表と対戦。3勝1分けの勝ち点10で並ぶポルトガルとの一番を1-0で制した。結果、最終節を残して、当該成績の関係でフランスの勝ち上がりが決定している。

デシャン監督は試合後、フランス『TF1』で「勝利を掴むためにここに来て、ああやって勝つ姿を見られるのは素晴らしいこと」と敵地での前回覇者撃破を喜びつつ、突破にも満足感を示すとともに、選手たちに労いの言葉を送った。

「多くの連帯感とクオリティを示せ、当然の勝利だ。我々は目標を達成した。最終節で何が起きても、1位のままなのだから、目標を達成するのは良いことさ。選手たちのことを非常に誇らしく思う」

「いつも単純じゃなく、難しい時期で、各々のクラブでベストじゃない状況にある者もいるが、彼らが集まれば常に競争があり、今夜の彼らはフランス代表が今も素晴らしいチームであるのを証明してくれた」