インテルのアントニオ・コンテ監督はひとりの選手が上げた不満の声に応じるつもりなどないようだ。

今年1月にトッテナムからインテル入りしたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンだが、今季は開幕から出場した公式戦7試合のうち、4度の先発機会のみ。初挑戦の地イタリアでコンテ監督の戦術適応にも苦戦して、プレミアリーグで発揮した司令塔ぶりを発揮できるほどの出番に恵まれずにいる。

そうした状況を受け、デンマーク人プレーメーカーは代表活動に勤しむなか、母国放送局『TV2 Sport』で「この状況は僕が夢見たものじゃない」とクラブでの現状を嘆き、来年1月の移籍市場での移籍も示唆。しかし、選手からの不満はコンテ監督に響いていないようだ。

コンテ監督はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でエリクセンの不満に気にかける様子もみせることなく、この先もチーム最優先のマネジメントを続けていく姿勢を強調した。

「私が下すチョイスは全て選手ひとりのためのものじゃなく、常にインテルの利益になるためだけのもの。選手というのは国内外での競争力を持つためにも、アイデアやプロジェクトに機能的であることが必要。現代のフットボーラーは速さ、強さ、抵抗力を持っていないとね。インテルのようなクラブに入ったら、テクニックがあるのは当然だ」

また、過去にユベントスやチェルシー、イタリア代表なども率いたイタリア人指揮官は自らのやり方にも言及。自信を口にした。

「それが成長するための唯一の方法。勝利の文化がなければ、成功に辿りつけないが、努力と規律があってこそ掴めるもの。私がインテルを去るのが遠い未来であるのを願うばかりだが、ひとつだけ確信していることがある。それは私が去るインテルはあらゆる面でより良いインテルになっているということ。これまで指揮したどのクラブでも常に起こってきたことだ」