プレミアリーグが最新の新型コロナウイルス(COVID-19)の検査結果を発表。過去最多の陽性反応者を大幅に更新する結果となった。

今回で11回目となったリーグ全体での検査。9日から15日までの間に選手とスタッフ合わせて1207人が検査対象となった。

今回の検査では16人が陽性反応。これは9月から始まった検査において最多の陽性反応者数に。これまでは4回目の検査(9月21〜27日)で10人が最多だったが、検査数の数も1595人と多く、改めてヨーロッパで感染が再拡大していることを示す数字となっている。

なお、リーグからはクラブや感染している選手などの名前は公表されていない。

一方で、代表活動中の選手ではエジプト代表に招集されているリバプールのFWモハメド・サラー、アーセナルのMFモハメド・エルネニーが陽性反応。また、アイルランド代表に招集されているトッテナムDFマット・ドハーティとストーク・ シティMFジェームズ・マクレーン、ブラジル代表に招集されているマンチェスター・ユナイテッドDFアレックス・テレスなども陽性反応を示していることが報告されている。

◆プレミアリーグ 新型コロナウイルス検査
第1回(8月31日〜9月6日)
検査人数:1605人、陽性者:3人

第2回(9月7〜13日)
検査人数:2131人、陽性者:4人

第3回(9月14〜20日)
検査人数:1574人、陽性者:3人

第4回(9月21〜27日)
検査人数:1595人、陽性者:10人

第5回(9月28日〜10月4日)
検査人数:1587人、陽性者:9人

第6回(10月5日〜11日)
検査人数:1128人、陽性者:5人

第7回(10月12〜18日)
検査人数:1575人、陽性者:8人

第8回(10月19〜25日)
検査人数:1609人、陽性者:2人

第9回(10月26日〜11月1日)
検査人数:1446人、陽性者:4人

第10回(11月2〜8日)
検査人数:1646人、陽性者:4人

第11回(11月9〜15日)
検査人数:1207人、陽性者:16人