元イタリア代表のアントニオ・カッサーノ氏がバルセロナを斬った。スペイン『マルカ』が報じている。

今季からバルセロナを率いるロナルド・クーマン監督の構想に含まれず、今夏に半ば追い出される形でアトレティコ・マドリーに活躍の場を移したスアレス。思い切って、歴代3位の公式戦通算198ゴールを誇ったウルグアイ人ストライカーを手放したバルセロナだが、それに代わるセンターFWの擁立に至らずの戦いぶりが続いている。

スアレスが去り、センターFWとしての出番を増やすフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだが、ここまで公式戦9試合の出場でわずか2ゴール。現役時代にストライカーとして名を馳せたカッサーノ氏は元イタリア代表のクリスティアン・ヴィエリ氏とのインスタグラムを通じたライブ配信で、スアレスの放出を理解し難いものとの見解を示した。

「彼らはスアレスがバルセロナを去ったとき、年を取っているからだ言った。狂気の沙汰だ。6年間で350ゴールを決めたんだぞ。彼を追い出した理由わからないね。そして、彼らはグリーズマンをセンターFWで使っているんだ」

なお、スアレスは新天地アトレティコ・マドリーでもここまで公式戦9試合の出場で5ゴールと持ち前の得点力を発揮。先日に『マルカ』とのインタビューで「去り方は前にも言ったように、悲しく、痛ましいものだった」と語り、「アトレティコで幸せを見つけ、今を楽しめている」と充実ぶりを口にしている。