日本代表は17日、国際親善試合でメキシコ代表と対戦する。メキシコはFIFAランキングでも日本よりはるか上位の11位に位置しており、今の日本代表の現在地を測るにはいい相手となってくれるはずだ。

そんなメキシコ代表の中に生粋のドリブラーがいる。日本代表MF中島翔哉も在籍するポルトに所属するMFヘスス・マヌエル・コロナ(27)だ。

母国の名門モンテレイで育ったヘスス・コロナは、2013年にオランダのトゥベンテに加入。ウインガーの登竜門でもあるエールディビジを舞台にそのスキルを磨くと、2014-15シーズンにはレンタルで加入したFW宮市亮とのポジション争いも制し、2015年にポルトに引き抜かれた。



ポルトでは移籍初年度から右ウイングを主戦場にレギュラーを獲得。足裏を使ったスキルや、相手の体重移動を上手く利用した緩急抜群のドリブル突破を武器に、攻撃の核として、在籍4シーズンで公式戦231試合に出場し31ゴール60アシストをマーク。今シーズンも公式戦全10試合に先発出場し、2ゴール6アシストを記録している。

2018年のロシア・ワールドカップ以降、代表から遠ざかる時期のあったヘスス・コロナだが、直近の親善試合3試合には右のウインガーとしていずれも先発出場。コンディションに問題がなければ、日本戦にも出場してくるはずだ。

パナマ戦では[3-4-2-1]のシステムで臨んだ日本代表だが、メキシコ代表戦では[4-2-3-1]のシステムで臨む可能性が高い。その場合、ヘスス・コロナと対峙するのは日本の左サイドバックということになるが、パナマ戦で左ウイングバックに入ったDF長友佑都(マルセイユ)、もしくはクラブで左サイドバックを担うMF中山雄太(ズヴォレ)のどちらかが担うことになるだろう。

今夏に加入したマルセイユでは未だ出場機会が少なく、ややコンディションに不安がある長友なのか、それともテストとしての意味合いもある中山が起用されるかは予測が分かれるところだが、いずれにせよワールドクラスと言って過言ではないドリブラーのヘスス・コロナとのマッチアップ次第では、試合運びにも大きな影響が出てくるはずだ。

日本代表vsメキシコ代表は、17日(火)の29時(18日午前5時)にキックオフを迎える。