ミランは17日、アシスタントコーチのジャコモ・ムレッリ氏(写真右)に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを公表した。

ミランでは14日にステファノ・ピオリ監督が新型コロナウイルスの陽性反応が確認された。そして、同監督の副官を務めるムレッリ氏も15日と16日に実施された2つの検査の結果、陽性が確認されたという。

なお、ムレッリ氏は無症状であり、今後自宅での隔離措置を継続することになるという。

現在、セリエA首位のミランはインターナショナルマッチウィーク明け初戦にナポリ(22日開催)とのビッグマッチを控えているが、現時点ではピオリ監督とムレッリ氏不在での戦いを強いられることになる予定だ。