サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はフローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールだ。


2009年夏にレアル・マドリーからバイエルンに加入したロッベンは、エースウインガーとして長年活躍。ドイツの絶対王者の主力として多くのタイトルを勝ち取った。

抜群のスピードとテクニックで、相手ディフェンスを恐怖させたロッベンだが、2018年8月24日に行われた、ブンデスリーガ開幕節のホッフェンハイム戦では、強烈なゴールを決めている。

2-1とバイエルンリードの後半アディショナルタイム91分、右サイド深くのスローインからFWトーマス・ミュラーにボールが入ると、ダイレクトでボックス内のロッベンにパスを送る。相手DFを抑え、一気にGKの目の前に出たロッベンは、至近距離から思い切りの良い豪快ボレー。パワフルなシュートをゴールネットに突き刺し、止めを刺す3点目を決めた。

セーブ不可能な容赦ないシュートで相手を引き離したバイエルン。そのまま3-1で勝利している。