どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

今回はエバートンのトルコ代表FWジェンク・トスンがクリスタル・パレスで決めた最初のゴールだ。



2018年1月にベシクタシュからエバートンに加入したトスンは、いきなりの活躍を見せたものの、イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの台頭もあり、控えに甘んじている。

2019-20シーズンの後半戦は、レンタル移籍でクリスタル・パレスに加入していたトスンだが、その記念すべき初ゴールは、2020年1月18日に行われた、プレミアリーグ第23節のマンチェスター・シティ戦で決めたゴールだった。

0-0で迎えた39分、右コーナーキックのチャンスをパレスが得ると、クロスがファーポストで待つDFギャリー・ケイヒルへ。ケイヒルがこのボールを頭で折り返すと、トスンがゴール右でさらに頭で合わせ、見事な先制点を挙げた。

試合は2-2で終了し、パレスが競合相手に貴重な勝ち点1を手にしている。