プレミアリーグ第9節、トッテナムvsマンチェスター・シティが日本時間21日26:30にトッテナムホットスパー・スタジアムでキックオフされる。今月20日にモウリーニョ就任丸1年を迎えたトッテナムが、指揮官の宿敵グアルディオラ監督率いるシティを相手に、就任後初となる4連勝を狙うビッグマッチだ。

モウリーニョ監督就任2年目となった今季のトッテナムは、開幕戦での黒星スタート以降、試合毎に成熟度を上げて5勝2分けの7戦無敗と好調を維持。とりわけ、直近の3試合では格下相手に苦しみながらも勝ち切る、ポルトガル人指揮官のチームらしい勝負強さを見せている。暫定ながら首位のレスター・シティ(勝ち点18)と1ポイント差の2位に順位を上げており、今節の結果次第では現体制で初となる首位浮上の可能性も出てきている。

また、昨シーズンのリーグ戦では2度の3連勝を記録も、4戦目をいずれもゴールレスドローで終えており、今回の一戦では3度目の正直での4連勝が懸かる。さらに、今節から年末にかけてはチェルシー、アーセナルとの連戦、リバプール、レスターという上位陣との苛烈な直接対決が続くため、その中でいかに連勝を継続できるかが、悲願達成に向けた重要なポイントになる。

一方、前節に昨季王者リバプールとの優勝候補本命対決を1-1のドローで終えた10位のシティ(勝ち点12)は、ここまで一度も連勝がなく波に乗り切れない状況が続く。攻守にパフォーマンスレベルはそこまで悪くないが、ストライカー陣を中心になかなかメンバーが揃わないこともあり、相手を圧倒するパフォーマンスや爆発力を欠いている印象だ。それでも、今月19日にはグアルディオラ監督が2023年までの契約延長にサインするという朗報が舞い込んでおり、心機一転を図る中でトッテナムを撃破し、ここから上昇気流に乗っていきたい。

なお、モウリーニョ監督はグアルディオラ監督との直接対決で6勝11敗6分けと分が悪いが、トッテナムの指揮官として臨んだ前回対戦では退場者を出した相手に2-0の快勝を収めている。

◆トッテナム◆
【4-2-3-1】
トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ロリス
DF:オーリエ、アルデルヴァイレルト、ダイアー、レギロン
MF:ムサ・シソコ、ホイビュルク
MF:ルーカス・モウラ、エンドンベレ、ソン・フンミン
FW:ケイン

負傷者:DFドハーティ、MFラメラ、ウィンクス
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはアイルランド代表招集中に新型コロナウイルスの陽性判定が出たドハーティ、軽傷を抱えるラメラ、ウィンクスの3選手が欠場することになる。

スタメンに関してはインターナショナルマッチウィークということもあり、各自のコンディション次第なところもあるが、前述のメンバーを予想。変更点があるとすれば、レギロン、ルーカス・モウラ、エンドンベレのところにベン・デイビス、ベイル、ロ・チェルソが起用されるぐらいか。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-3-3】
マンチェスター・シティ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、ルベン・ジアス、ラポルテ、カンセロ
MF:デ・ブライネ、ロドリ、フォーデン
FW:フェラン・トーレス、ガブリエウ・ジェズス、スターリング

負傷者:DFアケ、メンディ、MFフェルナンジーニョ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては代表戦で負傷したアケに加えて、マッチフィットネスに問題を抱えるメンディ、フェルナンジーニョが引き続き欠場となる。一方、アグエロと代表途中離脱のスターリングに関しては復帰できる見込みだ。

スタメンに関しては復帰を急いで再負傷となったアグエロをベンチに置き、引き続きガブリエウ・ジェズスを最前線に配する形になるはずだ。スターリングは状態に問題なければ、スタートから起用し、難しい場合はフォーデン、マフレズが3トップの一角に入る形になるはずだ。また、トッテナム同様に代表戦帰りのコンディション次第でギュンドアン、ベルナルド・シウバ、エリック・ガルシアあたりに出番が回って来るかもしれない。

★注目選手
◆トッテナム:MFピエール=エミール・ホイビュルク
Getty Images
トッテナムの注目プレーヤーは新たな闘将ホイビュルクだ。今シーズンのトッテナムではFWケインとFWソン・フンミンの超強力コンビや、7年ぶりに復帰したFWベイルと前線のタレントに注目が集まるが、好調なチームを支えているのは中盤で睨みを利かせるデンマーク代表MFだ。

モウリーニョ監督の熱烈なリクエストによって今夏サウサンプトンから1500万ポンドで加入した25歳は、ここまで公式戦14試合に起用されるなど、早くも中盤の絶対的な主力に君臨。屈強なフィジカルと献身性を武器にホールディングロールを完璧にこなし、脆弱な守備の安定に貢献。さらに、攻撃時には2センターバックと共に安定した球出しで繋ぎの起点として機能している。とりわけ、試合を読む力に長けており、機を見た攻撃的な守備によって効果的にショートカウンターの起点となり、危険な場面でのカードを辞さない潰し、悪い流れの中での周囲への叱咤激励と、数字に残らない貢献度は圧巻の一言だ。

バイエルン時代の恩師と対峙する今回のビッグマッチでは守勢に回る展開が予想されるが、守備ではファジーな位置取りを見せる1トップ、直接マッチアップするキーマンのデ・ブライネを抑え込み、攻撃では前線のタレントにクリーンなボールを届けたい。

◆マンチェスター・シティ:MFケビン・デ・ブライネ
Getty Images
シティの注目プレーヤーは絶対的司令塔だ。昨シーズンのリーグ戦で13ゴール20アシストという異次元のパフォーマンスを示し、リバプールの後塵を拝した悔しいシーズンにおいて、個人としては抜群の存在感を放ったデ・ブライネ。今シーズンはMFフェルナンジーニョの不在も多い中、ゲームキャプテンを任される試合も増えており、プレーとリーダーシップの両面でチームをけん引している。

今シーズンここまではリーグ戦6試合で1ゴール3アシストと、チーム全体のパフォーマンスの問題もあって目に見える結果は付いてきていないが、相変わらず高いパフォーマンスレベルを維持。ただ、前節のリバプール戦ではらしくないPK失敗など、過密日程による蓄積疲労も出始めている。さらに、今回のインターナショナルマッチウィークでもUEFAネーションズリーグの2試合でフル出場を飾っており、疲労はピークに達していると思われる。

とはいえ、シティの今後の浮上に向けて絶対的司令塔の力は必要不可欠だけに、今回のトッテナム戦でもチームをけん引するハイパフォーマンスが求められる。ダイアーを筆頭に相手最終ラインはクロス対応、セットプレーの対応に難があり、昨季アシスト王の高精度のキックがゴールをこじ開けるカギになるはずだ。