明治安田生命J1リーグ第28節の1試合が21日に札幌ドームで催され、ホームの北海道コンサドーレ札幌が清水エスパルスを5-1で下した。

4試合ぶりのホームゲームとなる13位札幌と監督交代後連勝の17位清水による一戦。3試合ぶりの勝利を目指す札幌はウーゴ・ヴィエイラがベンチ入りを果たすなかで、前節の先発からドウグラス・オリヴェイラとアンデルソン・ロペスに代わり、荒野とジェイを起用した。一方、平岡宏章が率いて以降、今季初連勝で調子を上げる清水も前節から2選手を変更。立田と中村をスタートから送り出した。

試合を先に動かしたのはアウェイの清水。立ち上がりからホームの札幌が前がかった5分、カウンターに転じると、ボックス左深くからカルリーニョス・ジュニオが折り返したボールをボックス中央の後藤がゴールマウスに背を向けた状態で受け、背後でフリーのファン・ソッコに展開。ファン・ソッコの狙い澄ました右足のコントロールショットが相手GKも動けずのゴール右下に決まり、清水が幸先よく先制する。

早々にリードを許してしまった札幌は前半の早いうちに追いつこうと再び攻めに出るが、13分に荒野の負傷でアンデルソン・ロペスをスクランブル投入する不運に見舞われる。それでも、14にバイタルエリア左から福森が左足シュートを放つと、ボックス内で処理を試みたエウシーニョの右手に当たり、PKのチャンスを獲得。アンデルソン・ロペスが落ち着いてゴール左に沈め、スコアをイーブンに戻した。

すると、その札幌は前半に追いついた勢いそのままに逆転に成功する。36分、右サイド深くで逆サイドからのサイドチェンジを受けた金子拓郎の右足クロスは相手GKにパンチングで弾かれたが、ボックス左でフリーのルーカス・フェルナンデスが右足ダイレクト。当たり損ねのボールをゴール正面のジェイが頭で繋ぐと、後ろにいたアンデルソン・ロペスが胸トラップからの左足ダイレクトで叩き込んだ。

アンデルソン・ロペスの2ゴールで一気に試合をひっくり返した札幌は攻撃の手を緩めず、40分に右CKのチャンスを獲得。キッカーの福森がセカンドボールを回収して左足で上げなおすと、ファーサイドで処理を試みたエウシーニョのクリアし損ねがジェイに当たり、素早く反応したキム・ミンテが右足ダイレクトで合わせる。これがカルリーニョス・ジュニオの股下を射抜き、そのままゴール左下に決まった。

逆転に持ち込まれ、ダメ押しも許してしまい、後半に入った清水はハーフタイム明けに後藤を下げて鈴木を投入して、反撃ムードを漂わせるが、次もゴールネットを揺らしたのは札幌。左サイド敵陣中央の福森が浮き球を出した64分、ボックス左で反応したルーカス・フェルナンデスが右足で背後に繋ぎ、中央のジェイが抑えの効いた左足ボレーシュートを放つと、ゴール右下にねじ込んだ。

押せ押せの札幌は66分、新型コロナウイルス感染から復帰の菅と先月末に加入してデビューが待たれたウーゴ・ヴィエイラを投入。その2分後に西村とティーラシン・デーンダーの交代カードを切った清水を尻目にペースを握り続けると、73分にバイタルエリア左の位置でFKのチャンスを手にする。キッカーの福森が左足のシュートをゴール右に突き刺して、さらに清水を突き放してみせる。

その後、79分に残るカードで宮本と金子翔太を送り込み、反撃に転じようと奮闘した清水だが、81分に白井と深井を投入した札幌が反撃を許さず、3試合ぶりの勝ち点3。ホーム6戦無敗を継続した札幌が監督交代後2戦2勝の清水を相手に今季最多5得点の逆転勝利を収めた。

北海道コンサドーレ札幌 5-1 清水エスパルス
【札幌】
アンデルソン・ロペス(前13、前17)
キム・ミンテ(前40)
ジェイ(後19)
福森晃斗(後28)
【清水】
ファン・ソッコ(前5)