トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、マンチェスター・シティ戦の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。

21日、トッテナムはプレミアリーグ第9節でシティと対戦。ホームのトッテナムが、ソン・フンミン、ジオバニ・ロ・チェルソのゴールで2-0とシティに勝利し、リーグ戦4連勝を達成した。

トッテナムの監督就任後、初の4連勝となったモウリーニョ監督。優勝候補の一角であるシティを下したこと、そして暫定ながら首位に立てた試合でしっかりと勝利したことを喜んだ。

「大きなチーム、大きなハート、大きな連帯感、それに適したチーム、トッテナムファンが誇りに思えるチームだと私は信じていた」

「自分の限界までエネルギーを出す選手、チームのプランのために犠牲を払う選手、「試合に勝てば24時間はリーグのトップになれる」という新たなプレッシャーにうまく対応できる選手がいた」

「大きなスピリットがある。私はグループがとても強く、非常に団結していることを理解している。本当に誇りに思っているし、とても誇りに思う。彼らは大きな拍手とリスペクトに値する」