セリエA第8節、サンプドリアvsボローニャが22日に行われ、1-2でボローニャが逆転勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也とボローニャのDF冨安健洋は共にフル出場している。

前節カリアリ戦では退場者を出したこともあって敗れ、5戦ぶりに黒星を喫した10位サンプドリア(勝ち点10)は、代表戦で2試合フル出場した吉田がリーグ戦6試合連続スタメンとなった。

一方、前節ナポリに敗れた14位ボローニャ(勝ち点6)は、メキシコ代表戦でフル出場した冨安が開幕から8試合連続スタメンとなった。

吉田と冨安が共に4バックの右センターバックでスタートした中、開始7分にサンプドリアが先制する。右CKから冨安のマークを外したトールスビーのヘディングシュートが決まった。

不名誉な5大リーグワースト記録を更新中の41試合連続失点を喫したボローニャが前がかる中、16分にパラシオが枠内シュートを放つも、GKアウデーロのセーブに阻まれる。

さらに24分にはスルーパスに抜け出したオルソリーニがGKと一対一となったが、シュートをバーに直撃させてしまった。それでも押し込み続けたボローニャが44分に追いつく。オルソリーニの鋭い右CKがレジニのクリアミスを誘ってオウンゴールで同点とした。

1-1で迎えた後半、勢いそのまま52分にボローニャが逆転する。左サイドからのバロウの右足クロスに、ファーサイドのオルソリーニがヘッドで押し込んだ。

一転、前がかるサンプドリアは60分にクアリアレッラがヘディングシュートを浴びせるも、わずかに枠を外れる。

しかし、徐々に攻撃が停滞すると、終盤にかけてはボローニャが主導権を握る。79分にはパラシオがGK強襲のシュートで牽制すれば、追加タイムにはパラシオがポスト直撃のシュートを浴びせて3点目に迫った。

結局、2-1のまま試合は終了。逆転したボローニャが今季のアウェイ戦初勝利を飾っている。