アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染を謝罪した。スペイン『アス』が伝えている。

スアレスが招集されたウルグアイ代表では、11月のインターナショナルマッチウィーク中にクラスターが発生。DFマティアス・ビニャが陽性反応を示したのを皮切りに、スアレスやMFルーカス・トレイラ、DFディエゴ・ゴディンら選手とスタッフの合計16人に感染が広がった。

こうした状況を受け、ウルグアイの公衆衛生省がウルグアイサッカー協会(AUF)を召喚し、事情説明を求める事態に発展。罰金も科せられるようだ。また、トレイラが『ツイッター』に投稿した代表活動中の写真も、物議を醸す一因になっている。

写真では、マスクをつけていないスアレスら9人の代表選手がたき火の周りに密集しており、この内の5人が後日感染者となった。このような選手の危機意識の低さに対しては、ウルグアイ政府も怒りを示している。

これに対して、ウルグアイ『Punto Penal』にリモート出演したスアレスは、自分たちの責任について語った。

「僕たちを批判する人がたくさんいるけど、ミスを犯したのは確かだし許しを請いたい。そこまで大きなものにしたくはないが、僕らは問題を認識しなければならない。責任が僕たちにあった場合、その責任を果たす」

また、スアレスは渦中の写真が感染拡大のきっかけになった可能性については否定。クラスターが発生したのは不運だったからだと説明している。

「写真に写っていた集まりが、感染の原因でないのは明確だ。コロンビアで感染者が出たのは不運だったと思う。マティアス・ビニャの陽性は、チーム全体にとって非常にハードだったよ」

「僕たちは少しウイルスへのガードを下げてしまったけど、そうすると現実として感染は避けられないものなのだと、すべての若者たち、すべての人々に知って欲しい。誰も免疫がない以上、しっかり毎日ケアをして、日々コントロールしていかないとならない」

また、スアレスは新型コロナウイルス感染中、家族との接触ができない苦しみについても明かした。

「父親として非常に悪い時間を過ごしているよ。家族に会えず、アパートに閉じ込められているからね。子供たちは僕が来たことを知らず、50メートル離れた窓からお見舞いに来てくれた。本当に難しいよ」