ドルトムントからバルセロナに移籍したフランス代表FWウスマーヌ・デンベレの移籍金が膨れ上がっているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。

2017年夏に1億500万ユーロ(現レート約130億円)の移籍金で加入したデンベレだが、契約内容の中にいくつか追加支払いが発生する条項が含まれていたようだ。


『キッカー』によれば、そのひとつが出場数に応じてボーナスが増えていくもの。「25」、「50」、「75」、「100」と、25試合ごとに500万ユーロずつ加算され、現段階で1億3000万ユーロ(約160億円)まで上昇している。

さらに、あと17試合の出場で100試合に到達するため、今季の内にさらなる上乗せが見込まれている。

また、『キッカー』はその他諸々のボーナスを含めると、最大で1億4800万ユーロ(約182億円)になると予想しており、ここまで度重なるケガで離脱の多いデンベレは、少々高額過ぎる買い物だったと言えるかもしれない。