リバプールのユルゲン・クロップ監督が過密日程の元凶となっている2つの放送局を批判した。イギリス『ミラー』が伝えている。

欧州主要リーグでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を鑑み、今シーズンも5人交代制を継続している中、プレミアリーグは従来の3人交代制への再変更を決定。欧州カップ戦とリーグ戦を並行して戦わなければならないビッグクラブの監督たちからは、猛批判が浴びせられている。

また、交代制の人数と共に、批判を向けられているのが土曜日の12時半から行われる「ランチタイムキックオフ」の試合だ。特に、CLを水曜日に戦ったクラブがこの時間帯に割り当てられると、非常にハードな日程となるのは避けられない状況になっている。

22日に行われたプレミアリーグ第9節のレスター戦を完勝したクロップ監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた際、強い言葉で同放送局とプレミアリーグの放映権を持つもう一つの放送局『BTスポーツ』を糾弾した。

「私が過密日程について話したのは、決して我々に限ったものではなく、すべての選手のことを考えたからだ。あなた(スカイ・スポーツ)がBTスポーツに(日程についての)話を始めないなら、我々はもう終わりだよ」

「私はあなた方、放送局が選手の健康について気にしていないことは知っている。それが問題なんだ。我々は日程について長い間議論を続けてきているが、結局のところ何も起きていない」

「私はリバプールの話をしているのではなく、すべてのサッカー選手の話をしているんだ。昨日、(ジェラール・)ピケがヒザの大怪我をした。代表ウィーク中にイングランド代表で3試合すべてに出場した(ブカヨ・)サカは今日、ヒザを痛めたと聞いている」

「これは非常に大きな問題だ。水曜日にプレーした後で土曜日のランチタイムキックオフが待っているのは、他でもなく放送局のせいだろう。我々は水曜日にアタランタと、土曜日のランチタイムにブライトンと対戦する。一足早いクリスマスプレゼントだよ。我々はポイントをプレゼントすることに震えながら、そこに現れるだろうね」

また、クロップ監督は新型コロナウイルスの感染拡大によって、すべてのものが変化を余儀なくされている中、サッカーの日程のみはこの問題から目を逸らしていることに憤りを隠さなかった。

「紳士たちの皆さん、話し合って決断するタイミングだ。あなたたちとの関係は良好だと思うけど、もしそこでまた放映権の契約の話をされたら、私は本当におかしくなるだろうね。その契約は、新型コロナウイルス後に作られたものではないだろう」

「適応する必要があるんだ。すべてが変わってしまったのに、まだ『契約だから現状を維持する』とでも言うのか? 全てが変わった、新型コロナウイルスによって世界は変わったんだ」