【明治安田生命J1リーグ第29節】
2020年11月25日(水)
19:00キックオフ
横浜FC(15位/28pt) vs 清水エスパルス(17位/20pt)
[ニッパツ三ツ沢球技場]

◆中10日、対策と休養は十分か【横浜FC】

前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-1のドロー。先制しながらも追いつかれてしまうという展開となった。

ここ数試合は安定した戦いが見せられていない横浜FCだが、週末に試合がなかったために前節からは中10日。コンディション面では大きなアドバンテージがある状況だ。

J2から昇格して1年、試合内容とは裏腹に結果があまりついてこないシーズンとなり、気がつけば残留ラインギリギリに位置している。

今シーズンは特別なシーズンとなり降格がない状況だが、来季は4チームが降格となるだけに、今季もしっかりと残留圏でシーズンを終えたいはずだ。

その意味でも下位チームに敗れるわけにはいかない。しっかりと改めた目標を達成するためにも、まずは勝利を収めたいところだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:南雄太
DF:マギーニョ、伊野波雅彦、小林友希、志知孝明
MF:瀬古樹、安永玲央、齋藤功佑
FW:中山克広、一美和成、斉藤光毅
監督:下平隆宏
※六反勇治は契約上出場不可

◆止められた流れ、残留圏フィニッシュへ【清水エスパルス】

3連勝を目指した前節だったが、アウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦で5-1と大敗。乗りかけた波が一気に引いていった形となった。

しかし、これまで繰り返した大型連敗を避けるにはまずは負けた後の試合が大事となる。しっかりと結果を残せるかが重要だ。

前回対戦はホームで2-3と敗れている相手。清水も降格はないが、例年であれば自動降格圏に位置しており。残り6試合の戦いはかなりシビアになる。

下位対決がこの横浜FC戦を含めて、湘南ベルマーレ、ベガルタ仙台と残っているだけに、まずはしっかりと勝利しておきたいところだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:梅田透吾
DF:エウシーニョ、ヴァウド、立田悠悟、ファン・ソッコ
MF:西澤健太、ヘナト・アウグスト、竹内涼、中村慶太
FW:カルリーニョス・ジュニオ、後藤優介
監督:平岡宏章