サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。

今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアが決めたアシストだ。


2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドからPSGに加入したディ・マリアは、主力として定着。欧州屈指のタレントが揃う攻撃陣の中でもエース級の活躍を見せている。

縦に速いドリブルと質の高いクロスやシュートを武器とするディ・マリアだが、2018年8月12日に行われたリーグ・アン開幕節のカーン戦では、ドリブル突破から見事なアシストを決めている。

1-0とPSGリードの35分、カウンターからチャンスを作ると、相手陣内でディ・マリアにボールが渡る。距離を詰めてくる相手DFに対し、絶妙に緩急をつけたドリブルで一瞬で抜き去ると、一気にボックス内右に侵入。フリーの状態から丁寧な横パスを出すと、ゴール前に走り込んだMFアドリアン・ラビオが合わせ、見事な追加点を決めた。

その後PSGがダメ押しの3点目を決め、3-0で完勝している。