25日、明治安田生命J1リーグ第29節の横浜FCvs清水エスパルスがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-3で清水が勝利した。

前節から中10日での試合となった横浜FC。アウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-1のドローとなっており、そこからスタメンを4名変更。袴田裕太郎、マギーニョ、手塚康平、斉藤光毅が外れ、武田英二郎、中山克広、松浦拓弥、安永玲央が起用された。

対する清水は平岡宏章監督就任後に連勝を記録していたが、前節は北海道コンサドーレ札幌を相手に5-0と完敗。その試合から7名と大幅に選手を変更。1トップにジュニオール・ドゥトラを5試合ぶりに起用した。

試合は開始早々からアウェイの清水が攻勢に出る。5分、左サイドをドリブルで仕掛けた鈴木がボックス内に侵入し深い位置からマイナスのクロス。これをニアサイドに入った金子が右足の面で合わせてネットを揺らし、清水が先制する。

先制した清水は勢いのままに追加点を奪う。6分、横浜FCがGKからビルドアップをすると、安永に入ったボールをジュニオール・ドゥトラがプレスをかけてボール奪取。そのままボックス手前で左足を振り抜くと、ゴール左に綺麗に決まり、清水が追加点を奪う。

ミスから連続失点となった横浜FCは9分、左CKを獲得するとクロスをニアサイドで一美がヘッド。しかし、GK大久保が鋭い反応でセーブする。

清水は35分にもビッグチャンス。ジュニオール・ドゥトラがドリブルで独走。ボックス内から左足でシュートを狙うが、GK南が左足でなんとかセーブし得点を許さない。

攻勢が止まらない清水は38分にも追加点。右サイドを金子が持ち上がるとオーバーラップした奥井へパス。奥井がマイナスのクロスを送ると、ボックス手前に走り込んだ竹内がフリーでシュート。これが決まり、リードが3点となる

前半だけで3点のリードを奪った清水。ハーフタイムに横浜FCは武田、志知、松浦に代えて、マギーニョ、袴田、斉藤光毅を投入。反撃に出る。

すると56分、ボックス手前で相手のクリアボールを拾った瀬古がシュートフェイントで相手をかわすと、そのまま右足一閃。ミドルシュートを突き刺し1点を返す。

徐々にペースを握り、清水陣内でのプレーが続く横浜FC。しかし、アタッキングサードでの決定力を欠いて得点を奪えない。

清水も押し込まれる時間が増える中で、カウンターから横浜FCゴールに迫るが、こちらも追加点を奪えない展開が続く。それでも横浜FCのプレスを掻い潜り、マイボールの時間を増やすことに成功し時計を進める。

横浜FCは何度となく清水ゴールに迫るが決定力を欠いて最後までゴールが遠く、反撃は瀬古のミドルのみで試合終了。1-3で清水が勝利を収めた。

横浜FC 1-3 清水エスパルス
【横浜FC】
瀬古樹(後11)
【清水】
金子翔太(前5)
ジュニオール・ドゥトラ(前6)
竹内涼(前38)