国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2020年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男子最優秀選手賞の候補者11名を発表した。

2016年に創設され、昨年はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞した同賞。新型コロナウイルスの影響で『フランス・フットボール』誌主催のバロンドールが初の中止となった中、ザ・ベストは例年通り開催されることになった。

候補にノミネートされ、本命視されるのは昨季チャンピオンズリーグ覇者で3大会の得点王となったバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ。そのレヴァンドフスキと共にCL優勝に貢献したスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラも選出された。

そしてパリ・サンジェルマンの初のCL決勝進出に貢献したフランス代表FWキリアン・ムバッペとブラジル代表FWネイマールが選出されている。

その他、昨年の受賞者であるメッシ、セリエA9連覇に貢献したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、リバプールのプレミアリーグ初優勝に貢献したオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、セネガル代表FWサディオ・マネ、エジプト代表FWモハメド・サラーの3選手が選出。そしてプレミアリーグ年間最優秀選手であるマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、レアル・マドリーのラ・リーガ優勝に貢献したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが選出されている。

受賞者はファン、ジャーナリスト、代表監督および代表キャプテンの投票によって決められ、12月17日に決定する。候補者は以下の通り。

◆男子最優秀選手賞候補者11名
FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
MFチアゴ・アルカンタラ(スペイン/バイエルン→リバプール)
FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
DFヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ/リバプール)
FWサディオ・マネ(セネガル/リバプール)
FWモハメド・サラー(エジプト/リバプール)
FWキリアン・ムバッペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
FWネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)