リヨンのフランス代表MFフセム・アワールが罰則を受けたようだ。『フランス・フットボール』が報じている。

昨シーズン公式戦41試合出場して9ゴール10アシストを記録し、リヨンの司令塔を務めてきたアワールだが、22日に敵地で行われたリーグ・アン第11節のアンジェ戦(1-0で勝利)はベンチスタートのまま出番がなかった。

『レキップ』の情報によれば、リヨンはアンジェ戦の試合後、出場しなかった選手のフィットネスレベルを維持するために、30分間の軽いトレーニングを実施。しかし、アワールがピッチコンディションを理由にこれを拒否していた。

このトレーニングに対する選手からの不満はこれまでもあったようだが、拒否は初めてのこと。スタッフたちはその状況に頭を悩ませていたようだ。

しかし、そのアワールの態度を見たスポーツディレクター(SD)を務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏は、ジャン=ミシェル・オラス会長の同意を得て処分を下すことに決定。29日に予定されているリーグ・アン第12節のスタッド・ランスのメンバー外を決断した。

今夏、アーセナルを筆頭にビッグクラブへの移籍の噂が取り沙汰されていたアワール。リヨン残留に「友人や家族と心のクラブにいられる」と満足感を示していたが、今回の件で再び退団の話が再燃するかもしれない。