マンチェスター・ユナイテッドの今冬は静かなものとなるようだ。

今夏のトップターゲットだったドルトムントのMFジェイドン・サンチョ(20)の交渉に手こずり、他の補強がなかなか進まなかったユナイテッドだが、最終的にMFドニー・ファン・デ・ベーク(23)やDFアレックス・テレス(27)、FWエディンソン・カバーニ(33)らを獲得。次の移籍市場でポイントに挙がるセンターバックなどの補強が取り沙汰されている一方で、余剰戦力の整理に動く必要性も指摘されている。

しかし、補強に関しては現状、厳しい模様だ。イギリス『イブニング・スタンダード』によると、ユナイテッドは最新の財務状況として、約20%の収入減を公表。クラブを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督も今冬に大きな動きを見せられるとは考えていないようだ。

「(今冬に)他クラブがどのような動きをみせ、どういう財政状況であるのかを予測するのは難しい。チームが売却を必要としているのか、補強資金があるのか。公平に考えても、多くの出入りがあるとの予想はできない。世界は(新型コロナウイルスの影響で)財政的に変わり、それはサッカー界にも影響が及んでいる。チームごとの負傷者状況によっても動きが変化する」

「現状、自チームにはとても満足している。我々は強くなってきている。ただ毎週、18人しか選べないメンバーに頭を悩ませている。誰を除外するのか…。私は恵まれた立場にいると感じているよ」

プレミアリーグ第4節のトッテナム戦で1-6の大敗を喫するなど、一貫性の欠いた戦いが続いたが、29日に行われた第10節のサウサンプトン戦を0-2からの逆転勝利で飾り、リーグ3連勝と復調傾向のユナイテッド。昨冬にはMFブルーノ・フェルナンデスの獲得が後半戦の勢いに繋がったが、今冬の大型補強は厳しいのかもしれない。