チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が2日に開催される。ここではE〜Hの第5節のマッチプレビューを紹介していく。

◆グループE:首位攻防戦&初白星を目指す一戦
Getty Images
■順位表
◎1. チェルシー(勝ち点10)
◎2. セビージャ(勝ち点10)
3. スタッド・レンヌ(勝ち点1)
4. FCクラスノダール(勝ち点1)

◎決勝トーナメント進出決定

《26:55》
FCクラスノダール vs スタッド・レンヌ
《29:00》
セビージャ vs チェルシー

2強2弱の構成となったグループEではその下馬評通り、前節にチェルシーとセビージャの決勝トーナメント進出が決定。レンヌ、クラスノダールの善戦によって1-1のドローかに思われたが、チェルシーはFWジルー、セビージャはFWムニルの劇的な後半アディショナルタイムの勝ち越しゴールによって競り勝ち、劇的な形での突破となった。そして、今節ではセビージャとチェルシーの首位攻防戦に大きな注目が集まるところだ。

セビージャは一時リーグ3連敗と深刻な不振に陥ったが、直近のウエスカ戦で1-0の勝利を挙げて今季初の3連勝でV字回復。左サイドバックに多くの負傷者を出しているものの、欧州屈指のセンターバックコンビを軸に守備が安定。また、クラスノダール戦勝利の立役者であるムニルやFWエン=ネシリら攻撃陣が調子を上げており、優勢に運びながらもゴールレスドローに終わったチェルシーとの前回対戦からの成長を見せたいところ。

対するチェルシーは直近のリーグ戦でトッテナムとゴールレスドローに終わったものの、目下公式戦11戦無敗と好調を維持。FWヴェルナーら一部主力の金属疲労は気がかりも、MFハヴァーツやFWプリシッチの戦列復帰により、より多くのオプションを持って試合に臨めるはずだ。互いに今週末にはレアル・マドリー、リーズとの重要なリーグ戦を控えていることもあり、ある程度のターンオーバーも見込まれるが、首位通過を懸けた好勝負を期待したい。

一方、2節を残して敗退が決定したクラスノダールとレンヌはヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントへの切符、今大会初勝利を懸けて激突する。

◆グループF:突破を懸けたドルトvsラツィオの大一番
Getty Images
■順位表
1. ドルトムント(勝ち点9)
2. ラツィオ(勝ち点8)
3. クラブ・ブルージュ(勝ち点4)
4. ゼニト(勝ち点1)

《29:00》
ドルトムント vs ラツィオ
クラブ・ブルージュ vs ゼニト

グループFは4節終了時点で決勝トーナメント進出が1チームも決まらない混戦模様だ。それでも、前節はドルトムントがクラブ・ブルージュに3-0、ラツィオがゼニトに3-1の快勝を収めて突破に近づいている。そして、今節では首位のドルトムントと2位のラツィオが突破を懸けた大一番に臨む。

ラツィオとの初戦で大敗スタートとなったドルトムントだが、以降は持ち味の攻撃力を遺憾なく発揮し3連勝で首位に浮上。ただ、直近のリーグ戦ではこの大一番に気を取られたのか、格下ケルン相手に1-2で敗れており、その敗戦からのリバウンドメンタリティが試される。FWハーランドを中心に攻撃陣好調を維持しているだけに、前回対戦で3失点を喫した守備の改善が重要となる。なお、ドルトムントは今節引き分けでもクラブ・ブルージュとの当該成績の優位性によって突破が決まる。

一方、今グループステージでここまで無敗の2位に付けるラツィオは突破に向けて好位置に付けるが、今節敗れて3位のクラブ・ブルージュが勝利した場合、最終節を勝ち点1差の中でベルギー王者と対峙する難しい状況に陥る。そのため、前回対戦で破ったドルトムントを再び沈め自力での突破を決めたい。ただ、ドルトムント同様に直近のウディネーゼ戦ではホームで1-3の敗戦を喫し、公式戦9戦ぶりの黒星。不安を抱える形で敵地に乗り込むことになる。

また、ドルトムントの勝利に期待しつつ2連勝での逆転突破を目指すクラブ・ブルージュは、すでに敗退が決定しているゼニトをホームに迎える。その中で前節を規律違反で欠場した主砲FWデニスの奮起に期待したい。

◆グループG: バルサ&ユーベは直接対決前に格下撃破狙う
Getty Images
■順位表
◎1. バルセロナ(勝ち点12)
◎2. ユベントス(勝ち点9)
3. ディナモ・キエフ(勝ち点1)
4. フェレンツヴァローシュ(勝ち点1)

◎決勝トーナメント進出決定

《29:00》
ユベントス vs ディナモ・キエフ
フェレンツヴァローシュ vs バルセロナ

2強2弱の構成となったグループGは2節を残してバルセロナとユベントスの名門2クラブが決勝トーナメント進出を決めた。バルセロナは主力を大幅に温存した中、伏兵FWブラースヴァイトの2ゴールの活躍などにより、敵地でディナモ・キエフを4-0で下し4連勝。一方、ユベントスはホームでフェレンツヴァローシュに大苦戦も、試合終了間際のFWモラタの劇的な逆転ゴールによって突破を決めた。

リーグ戦での不振とは打って変わってヨーロッパの舞台では実績通りの強さを見せているバルセロナは今節、フェレンツヴァローシュとのアウェイゲームに臨む。すでに突破を決めていることもあり、ディナモ・キエフ戦同様にFWメッシやMFコウチーニョ、GKテア・シュテーゲンと一部主力を温存。最終ラインに多くのケガ人が出ている中、直近のオサスナ戦で負傷交代したDFラングレの招集メンバー入りは朗報だが、DFミンゲサの継続起用やDFジュニオール・フィルポのセンターバック起用など、確実に勝ち点3を取りつつ今後に向けて試行錯誤を図っていきたい。

そのバルセロナとの直接対決を最終節に控える2位のユベントスはある程度、主力を起用して逆転での首位通過に向けて確実に勝ち点3を取りに行きたいところだ。しかし、直近のリーグ戦では格下ベネヴェントに屈辱のドローゲームを演じており、今週末のトリノとのデルビー・デッラ・モーレに向け、ターンオーバーが見込まれる。その中でトリノ戦を出場停止で欠場するモラタはこのディナモ・キエフ戦でプレーする可能性が高く、チームを勝利に導くゴールが期待される。

◆グループH:カバーニが古巣初対戦! 三つ巴の争いの行方は…
Getty Images
■順位表
1. マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点9)
2. パリ・サンジェルマン(勝ち点6)
3. RBライプツィヒ(勝ち点6)
4. イスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点3)

《26:55》
イスタンブールBBSK vs ライプツィヒ
《29:00》
マンチェスター・ユナイテッド vs パリ・サンジェルマン

今グループステージ最激戦区と目されたグループHはその前評判通り、熾烈な三つ巴の争いが続いている。前節ではマンチェスター・ユナイテッドがイスタンブールBBSKに大勝でリベンジを果たし、首位をキープ。その一方で、パリ・サンジェルマン(PSG)がライプツィヒとの接戦を制して2位に浮上している。そして、今節ではユナイテッドとPSGの首位攻防戦が行われる。

現在、公式戦4連勝と好調を維持するユナイテッドは、直近のサウサンプトン戦で前半を2点ビハインドで終えるも、後半から途中出場したFWカバーニが後半アディショナルタイムの劇的な逆転弾を含む2ゴール1アシストの活躍をみせ、ファーガソン時代を思い起こさせる大逆転勝利を飾った。そして、ここ数試合で抜群の存在感を放つカバーニは今回、古巣PSGとの初対戦に臨む。セインツ戦でこれぞストライカーという圧巻のパフォーマンスを見せたエル・マタドールは、歴代最多得点記録を持つ古巣相手に再びゴールを挙げることができるか。

一方、ライプツィヒ相手に序盤に挙げたFWネイマールのPKによるゴールを守り切ったPSGだが、直近のボルドー戦では2-2のドローに終わるなど、なかなか安定したパフォーマンスを残すことができていない。それでも、FWイカルディやMFヴェッラッティといった長期離脱組のコンディションも徐々に上がっており、過密日程で疲弊気味の相手に対して、5枚の交代枠をうまく使いながら総合力で押し切りたいところだ。

その首位攻防戦に先駆けて行われる一戦でライプツィヒはイスタンブールBBSKとのアウェイに乗り込む。前回対戦では2-0の快勝を収めている相手だが、ホームではユナイテッドを破り、PSGを相手に善戦している侮れない相手だ。今週末には国内リーグでバイエルンとのビッグマッチが控えているが、ここ数試合の振るわないパフォーマンスを考えれば、まずはトルコ王者を全力で叩きたい。そして、数時間後に試合を行うユナイテッドとPSGに圧力をかけたいところだ。