ビジャレアルは2日、元コロンビア代表FWカルロス・バッカの負傷を発表した。

クラブの発表によると、バッカは左足大腿二頭筋を損傷したとのこと。11月29日に行われたラ・リーガ第11節のレアル・ソシエダ戦に先発出場。しかし、前半のみでサムエル・チュクウェゼと交代していた。

バッカは今シーズンのラ・リーガで8試合に出場。ヨーロッパリーグでは4試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。