22日にEFLカップ(カラバオカップ)5回戦のマンチェスター・シティ戦が控えるアーセナルだが、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは欠場するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

19日に行われたプレミアリーグ第14節のエバートン戦で急遽メンバー外となっていたオーバメヤン。試合前のミケル・アルテタ監督のコメントによると、ふくらはぎに軽度のケガを負ったとのことだった。

正確な離脱期間は明らかになっていないものの、残念ながらシティとの大一番は欠場することになるようだ。指揮官が伝えている。

「オーバは明日の試合には間に合わない。それは確かだ。だが確実に良くなってきている。今後もう一度検査を受け、どれだけ早く復帰できる確認するつもりだ」

また、26日にはプレミアリーグ第15節でチェルシーとのビッグマッチが控えているが、アルテタ監督はエースについて「彼は我々にとってどれほど重要な選手かを心得ている。それゆえに責任を感じており、できるだけ早くベストに戻そうと務めているよ」と早期復帰を望んだ。

今季のオーバメヤンは、リーグ戦22ゴールを挙げた昨季ほど調子が上がらず、16日に行われた前節のサウサンプトン戦のゴールが3ゴール目だった。それに並んでアーセナルもここまで4勝2分け8敗で15位と低迷。チームが立ち直るにはエースの復調が不可欠だ。