ボーンマスは29日、元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(28)がコンディション維持を目的にトレーニング参加していることを明かした。

ウィルシャーは今年10月にウェストハムとの契約を双方合意の下で解消。以降、国外への移籍の可能性が取り沙汰されていたが、現在もフリーの状況が続いている。

そういった中、2016-17シーズンに1年間レンタル移籍でプレーしていた古巣ボーンマスのトレーニングへの参加が認められた。

今回のトレーニング参加は加入を前提としたものではなく、あくまでウィルシャーのコンディション維持に協力する目的で実現したものだという。
ただ、1年でのプレミアリーグ復帰を目指すボーンマスは現在、チャンピオンシップ(イングランド2部)で3位と好位置に付けており、ウィルシャーのコンディション面が良好で、諸々の条件面で折り合いが付けば、昇格に向けた切り札として契約する可能性はあるかもしれない。

イングランド代表として34試合2ゴールを記録するウィルシャーは2018年夏にアーセナルとの契約が満了となり、3年契約でウェストハム入り。しかし、アーセナル時代と同じくケガに苦しみ、在籍2年間で公式戦19試合1ゴールという成績にとどまっていた。