バルセロナは30日、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの負傷を発表した。

バルセロナの発表によると、コウチーニョは検査を受けたとのこと。左ヒザ外側半月板を損傷していると診断されたようだ。


なお、数日中に関節鏡視下手術を受けるとのことだ。

コウチーニョは29日に行われたラ・リーガ第16節のエイバル戦に66分から途中出場。ミラレム・ピャニッチと交代して出場していた。しかし、後半アディショナルタイムに負傷し、最後までピッチに立つことはできなかった。

今シーズンのコウチーニョは、公式戦14試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。