サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は、元イングランド代表MFジェイミー・レドナップ氏がトッテナムで決めたゴールだ。


父に名将ハリー・レドナップ氏、従兄弟にはチェルシーのレジェンドであるフランク・ランパード氏を持つなど、フットボール一家に生まれ育ったジェイミー・レドナップ氏は、主にリバプールで活躍。2002年から2005年1月までは、トッテナムでプレーした。

創造性溢れるプレーを得意とする技巧派のMFとして活躍したレドナップ氏だが、トッテナム時代の2004年4月25日に行われたプレミアリーグ第35節、アーセナルとの“ノース・ロンドン・ダービー”では、豪快なゴールを決めている。

前半に2失点を許し、0-2とトッテナムビハインドの62分、左サイドを攻め上がったFWジャーメイン・デフォーが中央に切り込み、MFマイケル・ブラウンにパスを送る。ブラウンが中央に横パスを送ると、後方からレドナップが走り込み、豪快なダイレクトシュートを放った。

右足から放たれた低い弾道の鋭いシュートはゴール左下に決まり、アーセナル相手に1点を返す。このゴールで試合の流れがトッテナムに傾くと、終了間際の90分に同点に追いつくことに成功。試合は2-2のドローに終わった。