プレミアリーグ第17節、チェルシーvsマンチェスター・シティが3日にスタンフォード・ブリッジで行われ、アウェイのシティが1-3で勝利した。
 
直近5試合でわずかに1勝と不振に陥るチェルシー(勝ち点26)は順位を6位に落として2020年の戦いを終えた。そして、仕切り直しを図る新年初戦は今季一度も勝利がない対ビッグ6相手に勝ち点3奪取を狙った。1-1のドローに終わった前節のアストン・ビラ戦からは先発5人を変更。センターバックがズマとチアゴ・シウバのレギュラー組に戻り、ジョルジーニョに代わってコバチッチ、前線は負傷明けのツィエク、プリシッチの両翼にヴェルナーがセンターフォワードでの起用となった。
 
一方、2試合未消化ながらもチェルシーと同勝ち点の8位まで順位を上げてきたシティは、直近4勝2分けの6戦無敗と好調を維持。ただ、クラブ内で新型コロナウイルスのクラスターが発生したことで、先月28日のエバートン戦が急遽開催延期に。さらに、その影響で一時トレーニング施設の封鎖を余儀なくされた中、試合前の公式会見でグアルディオラ監督はすでに感染が公表されていたウォーカー、ガブリエウ・ジェズスを含む5選手が隔離対象で起用できないことを明かした。
 
そして、この一戦では守護神エデルソン、フェラン・トーレス、エリック・ガルシアがメンバーを外れ、プレミアデビューのGKステッフェン、デ・ブライネのゼロトップ起用など、幾つかの変更を余儀なくされた。
 
立ち上がりはホームのチェルシーがプレミアデビューの相手GKへのけん制の意味合いか、前から激しい圧力をかけていく。そのプレッシャーの影響か、4分にはロドリのバックパスをステッフェンが手を使って処理してしまい、チェルシーがボックス内で間接FKのチャンスを得る。そして、味方がズラしたボールをツィエクが直接狙うが、これは相手にブロックされる。
 
その後、10分過ぎまではホームチームの圧力に晒されて相手陣内の深い位置までボールを運べないシティだったが、徐々に相手の立ち位置、プレッシャーのかけ方にアジャスト。セントラルMFの立ち位置を取る右サイドバックのカンセロ、ゼロトップのデ・ブライネを中心に各自がファジーな位置取りで相手のプレスをいなして前進を始める。16分にはそのカンセロの斜めのスルーパスに抜け出したデ・ブライネにボックス内でシュートチャンスも、ここはシュートを枠の左に外してしまう。
 
しかし、このプレーをキッカケに完全に流れを掴んだシティは18分、最後尾のルベン・ジアスからロドリ、ジンチェンコとパスを繋ぎジンチェンコの左からの折り返しをフォーデンが収めて短く右のギュンドアンに落とす。ここでギュンドアンが鮮やかな反転でDFチアゴ・シウバを振り切って右足のシュートをゴール右隅へ突き刺すファインゴールを決めた。
 
さらに、勢いづくシティは直後の21分にも左サイドでの細かい繋ぎから左のハーフスペースでボールを受けたデ・ブライネが背後を狙うフォーデンにスルーパスを出す。これはDFに引っかかるが、こぼれ球を左サイドで回収したデ・ブライネが中央で待つフォーデンに絶妙なラストパスを通し、これを若きイングランド代表MFが左足ダイレクトでニアに流し込み、瞬く間に2点目を奪って見せた。
 
流動的なパスワークを全く捕まえられないホームチームを相手にリズム良くボールを動かし続けて文字通り、試合を支配するアウェイチームは前半半ば過ぎに試合を決定づける3点目を奪い切る。
 
34分、チェルシーのFKの流れで最後尾のカンテのパスをデ・ブライネが頭で大きくクリアすると、これに反応したスターリングがピッチ中央を独走。ボックス内でカンテとGKメンディに攻撃を遅らされるが、ボックス左でキープして右足を振る。このシュートは惜しくも右ポストを叩いたが、こぼれ球に詰めたデ・ブライネが冷静に右隅へ蹴りこんだ。
 
フォーデンが絶好機を逸したことで4点目までは奪えなかったものの、今季最高の前半45分間を過ごしたシティは後半も積極的な守備で流れを相手に渡さない。幾度かショートカウンターでチャンスを作り出す中、54分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でデ・ブライネのクロスにファーで反応したロドリがゴール至近距離からヘディングシュートを放つが、これはGKメンディのビッグセーブに阻まれる。
 
守護神の好守で後半開始早々の失点こそ免れたチェルシーだったが、ランパード監督によるハーフタイムの修正の効果は全く見受けられず。58分にはコバチッチが個人技で相手守備をこじ開けて惜しいミドルシュートを放ったが、チームとして明確な崩しのアイデアが見えない。64分にはカンテとツィエクを下げてギルモア、ハドソン=オドイとアカデミー出身の若手を同時にピッチへ送り込んだ。
 
シティがややペースを落としたことで、3点のビハインドを追うチェルシーが後半半ばから終盤にかけてボール保持率を高めていくが、要所を締める相手の守備を前に決定機まで持ち込めない。逆に、悪い失い方からスターリングとデ・ブライネの2選手で完結できるアウェイチームのカウンターの脅威に晒される。
 
その後、ハヴァーツを最後の交代カードとして切ったチェルシーに対して、フェルナンジーニョ、アグエロ、マフレズと百戦錬磨のベテランを終盤に投入したシティは試合をクローズにかかる。
 
その中で試合終了間際の92分には左サイドのスペースに飛び出したハヴァーツの折り返しをファーに詰めたハドソン=オドイがスライディングで押し込んで一矢報いるも、試合はこのままシティの3-1でタイムアップを迎えた。
 
コロナ禍の逆境を力強いパフォーマンスで撥ね返したシティが新年初戦のビッグマッチに完勝し、今季初の3連勝を達成。一方、最後の最後に意地を見せるもホームで惨敗のチェルシーは昨年終盤からの不振を引きずり、2021年の戦いに不安を残す黒星スタートとなった。