サガン鳥栖は4日、元北朝鮮代表MF梁勇基(38)との契約更新を発表した。

梁勇基は2019シーズン限りでベガルタ仙台との契約が満了となり、2020年から鳥栖でプレー。明治安田生命J1リーグ22試合に出場した。契約更新を受け、新シーズンに向けて意気込みを語っている。

「新年あけましておめでとうございます。2021シーズンもサガン鳥栖でプレーさせて頂きます。今年、サガン鳥栖が更に進化し、掲げる目標を達成するために1日1日を大切に、全てを尽くしていきたいと思います。2021年も熱い応援宜しくお願いします!」