FC東京は5日、主力選手を含めた21選手との契約更新を発表した。

4日に行われたYBCルヴァンカップの決勝では、柏レイソルを相手に1-2で勝利し、11年ぶり3度目のリーグカップ制覇を成し遂げたFC東京。悲願のタイトル獲得に沸いた翌日、多くの選手が2021シーズンもプレーすることが決まった。

キャプテンを務めるMF東慶悟(30)やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)からアンカーを務めたDF森重真人(33)、ケガで終盤戦を欠場したGK林彰洋(33)らベテラン勢に加え、その林に代わり守護神を務めたGK波多野豪(22)やサイドバックで台頭したDF中村拓海(19)、DF中村帆高(23)、ルーキーながらリーグ戦27試合に出場したMF安部柊斗(23)も含まれている。

また、外国人選手もACLで負傷離脱したFWディエゴ・オリヴェイラ(30)やルヴァンカップ決勝で決勝ゴールを決めたMFアダイウトン(30)、MFアルトゥール・シルバ(25)の残留も決定した。

今回契約更新が発表されたのは、下記の21名。

GK児玉剛(33)
GK林彰洋(33)
GK波多野豪(22)
GK野澤大志ブランドン(18)
DF森重真人(33)
DF小川諒也(24)
DF中村拓海(19)
DF岡崎慎(22)
DF中村帆高(23)
DFバングーナガンデ佳史扶(19)
MF髙萩洋次郎(34)
MF東慶悟(30)
MFアダイウトン(30)
MF内田宅哉(22)
MF安部柊斗(23)
MF紺野和也(23)
MF品田愛斗(21)
MFアルトゥール・シルバ(25)
FWディエゴ・オリヴェイラ(30)
FW永井謙佑(31)
FW田川亨介(21)