レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチが9日に行われるラ・リーガ第18節のオサスナ戦を欠場することがわかった。

レアル・マドリーは敵地での一戦に先駆けて遠征メンバーを発表。当初こそリスト入りしたヨビッチだが、左足の筋肉痛で急きょ不参加が決まった。

ヨビッチは2019年夏にフランクフルトから加入。しかし、スペインの名門で苦悩が続いており、思い描いた通りのキャリアを過ごせていない。

レアル・マドリー加入後は公式戦32試合の出場で2得点にとどまり、今季もここまでゴールがなし。計5試合出場のプレータイムは208分間しかない。

その今季は度重なるケガだけでなく、新型コロナウイルスにも感染。スペイン『マルカ』によると、計43日間の離脱を強いられているという。