セリエA第17節、ローマvsインテルが10日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-2のドローに終わった。
 
現在、3位のローマ(勝ち点33)は前節にクロトーネを相手にマジョラルのドッピエッタの活躍などで3-1の快勝を収めた。今季初の4連勝での2位浮上を目指すホームでのビッグマッチではクロトーネ戦で温存したジェコ、ペッレグリーニ、ヴェレトゥが先発に戻ったほか、負傷明けのスピナッツォーラが4戦ぶりの復帰を果たした。
 
一方、前節サンプドリアに1-2で競り負けてリーグ連勝が8試合でストップした2位のインテル(勝ち点36)は、前日に首位のミランが勝利したことで勝ち点差が「4」に開いており、悲願のスクデット獲得に向けて勝ち点3奪取が至上命令となった。前節からはガリアルディーニ、ヤング、サンチェスに代えてビダル、ダルミアン、ルカクを起用し、対戦相手同様にベスト布陣で臨んだ。
 
ボランチの一角のヴェレトゥをアンカーのブロゾビッチにマンマーク気味に付けるなど、ホームのローマが人を掴みに行く形の守備でインテルの後方からのボール回しに強く制限をかける攻撃的な入りを見せる。また、ビルドアップの局面ではボランチの一枚を3バックに落とす形で変化を付けた。9分には右サイドのスペースに飛び出したカルスドルプから際どいクロスが上がるも、ここはGKハンダノビッチの対応に遭う。
 
一方、様子見の入りとなったインテルだが、機動力のある2トップを背後に走らせる形の攻めで徐々に攻撃の形を作り出す。12分、ハキミからの縦パスに抜け出したラウタロ・マルティネスがボックス右で仕掛けてニア下を狙う右足のシュートを放つ。このプレーで得た右CKの二次攻撃からラウタロのクロスをゴール前でフリーのルカクがヘディングシュートも、ここはGKパウ・ロペスの圧巻のワンハンドセーブに阻まれる。さらに、相手GKのミスパスを奪ってのショートカウンターから再びルカクにシュートチャンスも、ここはDFスモーリングのブロックに阻まれた。
 
この連続での決定機をキッカケにインテルが一気にペースを掴みかけるが、直後にローマの見事なカウンターが発動する。17分、自陣左サイドでバレッラからボールを奪ったヴェレトゥがそのままドリブルで相手ボックス付近まで運ぶ。ここでムヒタリアンを経由した短いパスがペナルティアーク右のペッレグリーニに渡ると、ペッレグリーニの右足のシュートがDFバストーニの足にディフレクトしゴール左下隅の完璧なコースに決まった。
 
ホームチームの早い時間帯の先制点により、試合はここからよりオープンな展開に。先制して勢いに乗るローマは以降も得意のカウンターを繰り出すと、23分には波状攻撃からヴェレトゥが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここはGKハンダノビッチがビッグセーブ。対するインテルは27分にハキミとのパス交換でボックス中央に侵入したビダルに絶好機も、ここは右足のシュートを枠の右に外してしまう。
 
その後、30分過ぎに足を痛めたダルミアンがプレー続行不可能となり、ヤングの緊急投入を余儀なくされたインテルは前半終盤にかけて押し込む展開に持ち込む。だが、最後の場面で精度や連携の問題を抱え、39分にルカクのヘディングパスに抜け出したラウタロのゴールもオフサイドによって認められず。前半のうちに追いつくことはできなかった。
 
それでも、インテルは後半の立ち上がりから攻勢を強めて完全にペースを握る。52分、左サイドを突破したルカクの絶妙なグラウンダークロスにゴール前のラウタロが飛び込んでスライディングシュートを枠に飛ばすが、ここはGKパウ・ロペスのビッグセーブに遭う。
 
後半最初のビッグチャンスをモノにできなかったが、56分には右CKの場面でキッカーのブロゾビッチが右足アウトスウィングで入れた絶妙なクロスをファーで競り勝ったシュクリニアルが頭で合わせ、ようやくローマのゴールをこじ開けた。
 
さらに、このゴールで勢いづくインテルは以降もルカクを筆頭に前半は五分五分だったデュエルで優位性を保って畳みかける攻撃を仕掛けていく。すると、63分には中央で完全に浮いたブロゾビッチから正確なパスをボックス手前右で受けたハキミがカットインから左足を一閃。このシュートがクロスバーの内側を掠めてゴール左隅の完璧なコースに決まった。
 
一方、運動量の低下によって前半機能していたプレスが嵌らず、全体が間延びしたところをインテルの個の力で打開される、先日のアタランタ戦の再現のような拙い試合運びとなったローマは、攻撃になかなかパワーを出せず。最前線のジェコの収まりも悪く、前半のように効果的な攻めを見せられない。
 
その後は逆転に力を使ったインテルの運動量も落ち始めたことで試合は拮抗した展開に。ようやく相手陣内深い位置まで攻め込めるようになったローマは、74分にムヒタリアン、78分にカルスドルプとボックス内で続けてシュートチャンスを得るが、インテルの集中した守備を崩し切れない。
 
試合終盤にかけて互いに交代カードを切っていく中、息を吹き返したローマが猛攻を見せると、土壇場でゴールをこじ開ける。86分、右CKの場面でショートコーナーからビジャールが左足インスウィングで入れたクロスをボックス中央で競り勝ったマンチーニが頭で合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。
 
後半アディショナルタイム5分を含めた試合最終盤は追いついたローマがやや押し込む形となったが、互いに3点目を奪うまでには至らず。この結果、首位ミランを追う上位対決は痛み分けに終わり、両者の対戦は直近6戦連続ドローとなった。