元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(35)とハンガリー出身のモデルとして活躍するヴィクトリア・ヴァルガさん(29)が婚約した。イギリス『サン』が伝えている。

ペッレはレッチェやパルマ、サンプドリアなどの母国クラブや、AZやフェイエノールトを経て、2014〜2016年までサウサンプトンで活躍。2016年夏から“爆買い”の流れに乗じて中国の山東魯能に加わった。


山東魯能では公式戦通算132試合の出場で63得点24アシスト。2020年も公式戦21試合8得点2アシストを記録したが、1月に契約満了による退団が決定し、現在はフリーとなっている。

一方のヴァルガさんは、ユーロ2016にイタリア代表として出場していたペッレをスタンドで応援する姿が美しすぎると話題になり、最もホットなWAGs(Wives and Girlfriends=フットボーラーたちの妻や彼女たちのことを差すフレーズ)の1人として知られていた。

交際8年目を迎えた2人だったが、ペッレは先日、ドバイの超高級ホテルブルジュ・アル・アラブのヘリポートで、ロマンティックな雰囲気の中プロポーズを敢行。見事ゴールインとなった。

ヴァルガさんはその後、自身のインスタグラムを更新。その喜びを語っている。

「私が想像した中で最高のプロポーズと最もゴージャスなリングをくれたペッレに感謝したいと思います。あなたはすべてを計画して、とても素晴らしい仕事をしました。私は、あなたが私の家族や友人全員を招くことができたとはいまだに信じられません。それは完璧です。この冒険とまだ来ていないすべての冒険を楽しみにしています。あなたをとても愛しています」

二人の幸せな門出を祝したいところだが、ファンの中には“ヴァルガさんロス”に陥る人も少なくないかもしれない。

この投稿をInstagramで見る

VIKTORIA VARGA(@vikyvarga)がシェアした投稿