アトレティコ・マドリーは13日、リヨンからフランス人FWムサ・デンベレ(24)のアトレティコ・マドリーを獲得したことを発表した。

リヨンの発表によると、移籍形態は買い取りオプション付きの2021年6月30日までのレンタル移籍となる。

レンタル料は150万ユーロ(約1憶9000万円)となり、買い取りオプションの金額は3350万ユーロ(約42億3000万円)。さらに、買い取りオプションを行使した場合、最大500万ユーロ(約6億3000万円)のインセンティブと、将来的なリセール時の移籍金10%をリヨン側に支払う契約となっている。

デンベレは2018年夏にセルティックから総額2200万ユーロ(約27億8000万円)の移籍金でリヨンへ加入。公式戦108試合45ゴールをマークしているが、今季は16試合に出場したリーグ・アンで1ゴールにとどまり、腕の骨折から回復を目指しているところだ。

過去には元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバとも比較されるなど、卓越した身体能力と決定力に優れるフランス国内屈指の若手ストライカーだ。

アトレティコでは先月に個人的な理由で退団を希望した元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(32)との契約を解除。純粋なセンターフォワードがウルグアイ代表FWルイス・スアレスのみという現状を受け、デンベレの獲得に動いていた。