バスケ界のレジェンドであるデニス・ロッドマン氏(59)の娘であるU-20アメリカ女子代表FWトリニティー・ロッドマン(18)がアメリカ女子プロサッカーリーグのNWSLのワシントン・スピリットに加入することが決定した。

トリニティーの父親はNBAのシカゴ・ブルズやデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズなどでプレーし、通算7度のリバウンド王に輝いたロッドマン氏。

そのレジェンドの血を引くトリニティーはワシントン州立大学に在籍し、これまでアメリカの世代別代表チームで主力を担ってきたスピードと決定力に優れたアタッカーだ。

そして、トリニティーは13日に行われたNWSLドラフトで1巡目全体2位でワシントン・スピリットに指名され、父と同じプロスポーツの世界に足を踏み入れることになった。

なお、トリニティーは『ESPN』のインタビューを通じて、「父は素晴らしいプレーヤーだったし、その遺伝子を引き継いでいるけれど、彼の娘としてだけでなくトリニティーとして知ってもらいたいわ」と、偉大な父親を超えるようなアスリートとなることを誓っている。