スーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオが14日にラ・ロサレダで行われ、1-2で勝利したアスレティックが決勝進出を決めた。

新型コロナウイルスの影響で今年はアンダルシアでの開催となったスーペル・コパ。今大会では昨季コパ・デル・レイのファイナリストであるレアル・ソシエダ、アスレティックのバスク勢、ラ・リーガ優勝チームのマドリー、2位チームのバルセロナが参戦した。

13日に行われた準決勝初戦ではPK戦の末にバルセロナが一足早くファイナル進出を決めた中、マドリーとアスレティックが決勝を懸けて激突した。

直近のラ・リーガでは寒波の影響による劣悪なピッチに苦しみ、格下オサスナ相手に痛恨のゴールレスドローを喫したマドリーは、リーグでの前回対戦で競り勝ったアスレティックを相手にバウンスバックを図った。なお、オサスナ戦からのメンバー変更はなかったが、アザールとベンゼマを2トップに配してモドリッチ、アセンシオをサイドハーフに置いた[4-4-2]の布陣を採用した。

立ち上がりはアスレティックの激しい圧力に晒されて窮屈なプレーを強いられたマドリーだが、10分にボックス手前のアザールが強烈な左足のシュートで相手GKにセーブを強いる。

これで流れを掴むと、直後にも味方の浮き球パスに反応したアザールがゴール前に抜け出すなど、ゴールの匂いを感じさせる攻めを続ける。だが、クロースのFKにドンピシャのタイミングで合わせたセルヒオ・ラモスのヘディングシュートはGK正面を突く。

一方、押し込まれ始めたものの大きく戦い方を変えないアスレティックは、前回対戦で前半序盤に退場したラウール・ガルシアが名誉挽回の大仕事を見せる。18分、ルーカス・バスケスの不用意なパスを相手陣内左サイドでカットしたダニ・ガルシアのスルーパスに抜け出した元アトレティコMFはボックス内で冷静にGKとの一対一を制した。

トーナメントマッチでは許されない軽率なミスで先手を奪われたマドリーはすぐさま反撃を開始。アセンシオを右に移してアザールを左ウイングに近い立ち位置に配置転換し、攻撃に変化を加える。31分には右サイドのバスケスが入れたグラウンダーのクロスをニアに飛び込んだアセンシオがワンタッチで合わせるが、これは当たりが薄く枠の左に外れる。

押し込む流れの中で同点まで持ち込みたいマドリーだったが、再び痛恨のミスが出てしまう。38分、アスレティックのセットプレーの二次攻撃から中央でルーズボールを回収したカパが入れたクロスに対してバスケスが被ってしまう。そして、背後でボールを収めたジェライをバスケスが後ろから腕を使って引き倒してしまいPK献上。これをキッカーのラウール・ガルシアに決められた。

バスケスの2つのミスからラウール・ガルシアにドブレーテを許し、大会連覇に向けて崖っぷちの状況で試合を折り返したマドリー。さらに、前半にどこか痛めたか、ヴァランに代えてナチョを後半頭からピッチに送り出すことになった。

2点のビハインドを追うマドリーは立ち上がりからリスクを冒して攻め込むが、後半最初の決定機はアスレティック。54分、左サイド深くでデ・マルコスが上げたクロスをゴール前のムニアインが頭で合わすが、これはわずかに枠の右に外れる。

何とか3失点目を逃れたマドリーは再び攻勢を強めると、62分には左サイドのアザールからのグラウンダーの折り返しをゴール前のアセンシオが左足ダイレクトで合わすが、これは左ポストを叩く。

さらに、アザールとモドリッチに代えてヴィニシウス、バルベルデの2枚替えを敢行した直後の69分にもアセンシオが強烈なミドルシュートを放つが、再びクロスバーに阻まれた。

それでも、相手を押し込み続けるマドリーは73分、波状攻撃から左サイドのバルベルデが上げたクロスをボックス右のカゼミロが頭で折り返すと、DFが触ってゴール前に流れたボールをベンゼマが冷静にゴールネットへ蹴り込む。当初、オフサイド判定が下されたが、VARのレビューの結果、オンサイドでのゴールが認められた。

残り時間を考えれば、同点、逆転まで可能となったマドリーは畳みかける攻めを見せる。そして82分、メンディの左からの斜めのパスに抜け出したベンゼマが冷静にDFをかわして左足のシュートを蹴り込むが、ここは抜け出したタイミングでオフサイドを取られてゴールは認められない。

その後、ベンゼマを下げてマリアーノを投入し、試合最終盤にはセルヒオ・ラモスを前線に攻め残してゴールをこじ開けにかかるマドリーは、後半ラストプレーの場面でクロスに競ったセルヒオ・ラモスがDFと交錯。このプレーに対してVARのレビューが入るが、土壇場でのPK奪取とはならず。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、マルセリーノ新体制で初勝利を手にしたアスレティックがバルセロナの待つ決勝進出を果たした。一方、敗れたマドリーは大会連覇を逃すと共に2021年初黒星を喫することになった。