柏レイソルは15日、フルミネンセからMFドッジ(24/写真)、レッドブル・ブラガンチーノからMFアンジェロッティ(22)が完全移籍で加入することで合意したと発表した。

なお、両選手は日本政府による新型コロナウイルス(COVID-19)に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日しメディカルチェックを経て、正式契約を結ぶとのことだ。

ドッジは、ブラジルのクリシューマでキャリアをスタート。2018年4月にフルミネンセへ期限付き移籍すると、2019年1月に完全移籍で加入。公式戦55試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。

主戦場はボランチで、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは19試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。

アンジェロッティはレッドブル・ブラジルの下部組織出身で、レッドブル・ザルツブルクのリザーブチームに当たるオーストリアのリーフェリングへのレンタル移籍も経験していた。今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエBでは1試合に出場していた。