シュツットガルトは15日、ドイツ人GKファビアン・ブレドロウ(25)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。

RBライプツィヒでプロキャリアをスタートしたブレドロウは、2017年に加入したニュルンベルクでブンデスリーガ昇格に貢献。その後、2019年夏にシュツットガルトに活躍の場を移すと、ここまで公式戦8試合に出場している。

過去にU-20ドイツ代表でのプレー経験もある25歳は、スイス人GKグレゴール・コベルのバックアップとして好調のチームを支えている。