セリエA第18節、ラツィオとローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”がスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが3-0で完勝した。
 
前節、パルマを破って今季2度目の連勝を飾った8位のラツィオ(勝ち点28)はヨーロッパのコンペティション出場権獲得に向け、勝ち点3を積み上げ続ける必要がある。そして、今季初の3連勝を目指す今回のデルビーではパルマ戦の先発11人を継続。だが、コレアとルリッチがベンチに戻ってきた。
 
一方、3位のローマ(勝ち点34)は前節のインテル戦を2-2のドローで終えて連勝が3試合でストップ。2チーム相手に追いついてのドローは評価できるが、今季ここまで強豪相手に勝ち切れない試合が目立ち、フォンセカ監督への風当たりも強い。そのため、前半戦最後のビッグマッチでは勝ち点3奪取が求められる中、対戦相手と同様に直近のインテル戦と同じメンバーを起用した。
 
史上初の無観客開催となったデルビーは、立ち上がりから球際のバトルが強調される白熱の展開に。開始8分にカウンターからボックス内に侵入したインモービレがファーストシュートを放つが、これはGK正面。その後はボール回しの質で勝るローマが押し込み始め、14分にはセットプレーの流れでゴール前の混戦からジェコに決定機も、至近距離からのシュートはGKレイナの正面を突いた。
 
すると、ピンチを凌いだラツィオがこの直後に相手のミスを突いて先制に成功する。ジェコのシュートをキャッチしたGKレイナからのロングフィードを起点にロングカウンターを仕掛け、インモービレの右サイドへの大きな展開は戻ったDFイバニェスにカットされる。だが、気を抜いたイバニェスの死角からプレッシャーをかけたラッツァーリがボックス内でうまく引っかけると、ゴール前でこぼれ球に反応したインモービレが豪快にネットを揺らした。
 
相手にダメージを与える形で先手を奪ったラツィオは基本的にはミドルプレスを採用も、要所で前から強い圧力をかけて相手のビルドアップを制限。中盤でうまく守備の網をかけて得意のカウンターを繰り出すと、追加点を奪い切る。
 
23分、ハーフウェイライン付近の右サイドでボールを奪い、ミリンコビッチ=サビッチのミドルスルーパスに反応したラッツァーリがDFイバニェスを振り切ってボックス内に侵入。ラッツァーリは一度バランスを崩して倒れるが、すぐさま起き上がってフリーのルイス・アルベルトに繋ぐと、L・アルベルトのコースを狙った丁寧な右足のシュートがゴール左隅に決まった。
 
2つの拙守で大きなビハインドを背負うことになったローマは前半のうちに何とか1点を返そうと、ここからリスクを冒して相手を押し込んでいく。ムヒタリアンやペッレグリーニの個人技でボックス付近まではボールを運べるものの、ラツィオの集中した守備を崩し切れない。36分には鮮やかな連携からボックス中央でジェコのヘディングパスに反応したムヒタリアンが右足のダイレクトシュートを放つが、これは枠の右に外れた。
 
結局、2点ビハインドで試合を折り返したローマはヴェレトゥに代えて負傷明けのペドロを投入。この交代でペドロが右のシャドー、ペッレグリーニがボランチの一角にポジションを移した。だが、後半も先に決定機を作ったのはラツィオ。50分、右サイドで仕掛けたラッツァーリがDFイバニェスの寄せをモノともせずボックス内でキープして中に折り返すが、これは味方に合わず。
 
その後は手数をかけても攻め切れないローマに対して、相手を自陣に引き込んで強力なロングカウンターを繰り出すラツィオが主導権を握る。そして、インモービレやミリンコビッチ=サビッチがGKパウ・ロペスを脅かすシュートを放っていく。
 
さらに、66分にはルーカス・レイバ、カイセドを下げてアキャプロ、エスカランテを同時にピッチへ送り出すと、この直後に決定的な3点目が生まれる。67分、右サイドからドリブルで内へ切り込んだラッツァーリがオーバーラップするアキャプロに繋ぐと、アキャプロの丁寧な折り返しをペナルティアーク付近で受けたL・アルベルトが絶妙な右足のミドルシュートをゴール右下隅の完璧なコースに突き刺し、ドッピエッタを達成した。
 
屈辱の3失点目を献上したローマは何とか一矢報いろうと、すでに投入したクリスタンテに続きスピナッツォーラ、マンチーニを下げてブルーノ・ペレス、マジョラルを投入。並びを[4-4-2]に変更し、反撃を試みる。
 
後半終盤にかけてはラドゥ、インモービレの重鎮2人を下げる余裕の采配を見せたラツィオに対してローマが押し込む形を作ったが、85分に右サイドからのクロスの流れでファーでフリーのジェコに訪れた絶好機はGKレイナのビッグセーブに阻まれる。
 
そして、6分が加えられた後半アディショナルタイムでは勝利を確信したラツィオ陣営がベンチ前で肩を組んで勝利を告げるホイッスルを歓喜の表情と共に待ち構えた中、このまま3-0のスコアでタイムアップ。
 
初の無観客開催となったデルビーで完勝のラツィオが今季初の3連勝。一方、屈辱的な敗戦となったローマは、ナポリ、アタランタ戦に続くライバル相手の不甲斐ない大敗を喫した。