プレミアリーグ第19節のレスター・シティvsサウサンプトンが16日にキング・パワー・スタジアムで行われ、2-0でレスターが勝利した。

リーグ戦4試合負けなしの4位レスター(勝ち点32)は、直近に行われたFAカップ3回戦のストーク・シティ戦からスタメンを2人変更。アジョセ・ペレスとプラートに代えてヴァーディとマディソンをスタメンで起用した。

一方、中12日と休養十分な7位のサウサンプトン(勝ち点29)は、前節のリバプール戦からスタメンを3人変更。イングス、ジェネホ、GKフォースターに代えてアダムス、スモールボーン、GKマッカーシーをスタメンで起用した。

一進一退の展開が続く中、レスターは19分にボックス右まで持ち上がったオルブライトンの折り返しをヴァーディがスルーすると、走り込んだバーンズがダイレクトシュート。しかし、これは好反応を見せたGKマッカーシーのセーブに阻まれた。

その後、中盤での攻防が長らく推移していく中で、レスターは37分に先制のチャンスを迎える。ティーレマンスのスルーパスでボックス右に抜け出したマディソンが縦に深く切り込みシュート。これがGKの逆を突き、ニアサイドに突き刺さった。

先制を許したサウサンプトンは41分、ウォード=プラウズのスルーパスでボックス左に抜け出したバートランドが左足で強烈なシュートを放ったが、これはGKシュマイケルが弾き出す。さらに1点のビハンドで後半開始早々の46分にも、カウンターからスモールボーンがチャンスを迎えたが、このシュートもGKシュマイケルのセーブに阻まれた。

その後は膠着状態が続く中、再びゴールに迫ったのはサウサンプトン。73分、バイタルエリア左でパスを受けたアームストロングがカットインから右足一閃。しかし、個のミドルシュートはクロスバーを直撃。

ピンチを凌いだレスターは84分、カウンターから左サイドを持ち上がったジャスティンのラストパスを受けたヴァーディに決定機が訪れたが、シュートはGKマッカーシーの好セーブに弾かれた。

追加点のチャンスを逃したレスターだったが、試合終了間際の95分に中盤でパスカットしたティーレマンスのパスからカウンターを仕掛けると、裏抜け出したバーンズがGKとの一対一を制した。

結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。上位対決を制したレスターがリーグ戦連勝で暫定2位に浮上した。