サンフレッチェ広島は19日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。

16日に実施したJリーグによる選手およびチームスタッフなどを対象としたPCR検査で判明。当該選手は現時点で体調不良や発熱などの症状はなく自宅療養中だ。

なお、保健所による濃厚接触者特定を行った結果、選手、クラブスタッフに濃厚接触者はいないとのこと。クラブはこれまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度、感染症防止策の周知、徹底を図っていくと伝えている。