今やフットボールファンなら誰もが知っている存在と言っても過言ではない。ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)だが、彼が欧州5大リーグにやってきたのはたった1年前のことだ。

オーストリアのザルツブルクで日本代表FW南野拓実(現リバプール)らとともに頭角を現すと、10代にして初めてチャンピオンズリーグで開幕から5試合連続ゴールを記録するなど、驚異的な得点力を発揮。オーストリア・ブンデスリーガでは、14試合で16ゴール6アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では前述の通り5試合連続ゴールを含む6試合で8ゴール1アシストを記録した後、2019年12月に鳴り物入りでドルトムント入りした。

そしてウィンターブレイク明けの1月18日、ブンデスリーガ第18節のアウグスブルク戦で衝撃のデビューを果たす。

ハーランドはこのゲームでベンチからスタートすると、チームが2点ビハインドの56分にルシアン・ファブレ監督から声がかかり、ピッチへ。その3分後の59分に記録した移籍後ゴールを皮切りに、70分、79分にも相手ゴールを陥れ、チームを逆転に導くハットトリックを成し遂げた。

ドルトムントの選手として、デビュー戦でハットトリックを達成したのは2013年のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(現アーセナル)以来。ブンデスリーガ史上7人目の達成者となり、途中出場からだと初の快挙だった。

当時19歳のノルウェー人ストライカーは試合後、「何故か、かなりリラックスできている。今の僕は素晴らしいクラブにいる。ゴールを決めるためにここに来たわけだから、良いデビューだったね」と話していた。

衝撃デビューから1年が経った今日、SNS専門メディア『433』も「一年前の今日、アーリング・ハーランドがハットトリックするためにベンチから出てきてドルトムントデビュー。そして、そこからは歴史的だ」と改めてそのインパクトの大きさを振り返っている。

ハーランドの活躍は一時的なものにとどまらず、ドルトムントではここまで公式戦35試合で35ゴール6アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで11試合12ゴール2アシスト、CLで4試合6ゴールを記録。すでに世界最高のストライカーの一人に名を連ねようとしている。