エイバルのFW武藤嘉紀が今シーズン初アシストを記録した。

エイバルは24日、ラ・リーガ第20節でセルタとアウェイで対戦し、武藤はフル出場を果たした。

3トップの右で先発した武藤は、1点ビハインドで迎えた53分、相手陣内でパスカットしたMFエドゥ・エスポジトのパスをボックス左手前で受けると、右足のトラップから左足でゴール前にループパスを送り、走り込んだFWブライアン・ヒルがボレーシュートをゴール右に突き刺した。

これがリーガでの初アシストとなった武藤だが、『ESPN』も「ムトウとブライアン・ヒルの素早い連携」とこのゴールを伝えたほか、『マルカ』も「ムトウが幻想的なアシストでブライアン・ヒルをお膳立て」と武藤のアシストについても称賛している。

また、スペイン『アス』の採点(3点満点)では、ブライアン・ヒルらとともにチームトップの2点評価を受けた。一方、スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、エイバルの大半の選手とともに1点の評価だった。

なお、試合はそのまま1-1でタイムアップ。MF乾貴士はベンチ入りも出場しなかった。