サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたハットトリックだ。


2011年のシティ加入以降、プレミアリーグを代表する点取り屋としてゴールを量産するアグエロ。公式戦379試合で256ゴールと驚異的なペースで得点を挙げている。

2020年1月12日に行われたプレミアリーグ第22節のアストン・ビラ戦では、圧巻のハットトリックを決め、プレミアリーグ新記録を樹立している。

試合は、序盤から主導権を握ったシティが得点を量産する一方的な展開に。すると2-0とシティリードの28分、MFケビン・デ・ブライネからアグエロがボックスの前でパスを受け、そのままシュート体勢に入ると、ミドルシュート。豪快なシュートは物凄いスピードでゴール左上に突き刺さり、まずは1点目を記録した。

続いて4-0とリードを広げた57分、MFダビド・シルバのスルーパスをボックス内で受けたアグエロは、相手からのプレスをドリブルでかわしながら中央に切り込んでシュート。低めにコントロールされた力強いシュートはゴール右下に決まり、2点目を挙げる。

最後は5-0で迎えた81分、今度はFWリヤド・マフレズのスルーパスに抜け出したアグエロがGKと1対1の場面を作ると、近距離から強烈なシュートをゴール右上に突き刺し、見事なハットトリックを決めた。

試合は6-1でシティが完勝。この試合で決めたハットトリックは、アグエロにとってシティでの通算12回目となり、ニューカッスルやブラックバーンで活躍した元イングランド代表FWアラン・シアラー氏が保持していた、リーグ最多ハットトリック数「11」を上回り、新記録を樹立した。



チャンピオンズリーグ グループステージ・ベストマッチを1/23(土)〜放送!
グループステージ全96試合はWOWOWオンデマンドで順次配信中!
>>無料トライアルはこちら