ザスパクサツ群馬は30日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス陽性判定を報告した。

当該選手の陽性は27日に行われたJリーグ提供のPCR検査で判明。発熱等の症状はなく、速やかに県内のホテルにて静養する予定だという。

また、所轄の保健所の調査のもと、濃厚接触者は6名と認定され、明日にもPCR検査を受検。結果に関係なく、2週間の隔離措置に入るようだ。

なお、トップチーム全選手・スタッフを対象としたPCR検査も速やかに実施する予定とのことだ。